Month: 1月 2009

最高裁、情報公開訴訟でインカメラ審議を認めず

民事裁判で、当事者には開示せずに裁判所だけが文書を見て判断をすることをインカメラといいます。

民事訴訟法の文書提出義務の判断などについて定めが置かれていますが、情報公開法では、情報公開審査会が行うことが出来ますが、訴訟の段階で行うことが出来る規定は設けられていません。

この点について、情報公開訴訟でインカメラ審理が許されるかが争点となった事件があり、最高裁はインカメラ審理を認めた原審を破棄して、検証物提示命令の申立てを却下しました。

最高裁判所第一小法廷平成21年01月15日決定 平成20(行フ)5 検証物提示命令申立て一部提示決定に対する許可抗告事件

理由は端的に、定めが置かれていない以上できないとしています。
手続法であり、しかも出来る場合はそれぞれ定めをおいている以上、規定がなくても一般的に出来るのだと解することは困難でしょう。


スティール・パートナーズ、3月のサッポロの定時株主総会では株主提案を見送り

先日、スティールが保有している日本株を大幅に手放していたことをお伝えしましたが、いくつかの銘柄については今後も関与していくことも表明していました。

そのうちの一つがサッポロHDです。
これまでののしりあいのようなこともしており、かなりこじれている様相を呈していますが、3月に行われる次のサッポロHDの定時株主総会では株主提案を見送ったことが明らかになりました。

*************************************************************************************************
米投資ファンドのスティール、サッポロHDに株主提案せず(日本経済新聞2009年1月31日)

サッポロホールディングス(HD)の筆頭株主である米投資ファンドのスティール・パートナーズは、3月下旬のサッポロHDの定時株主総会に向け、買収防衛策の廃止や新経営陣の選任を求める株主提案の提出を見送った。スティールは現在18.6%を出資し、これまでサッポロHDの買収を求めている。今回の株主提案の提出期限は1月29日だったが、新たな提案を出しても他の株主の賛同を得にくいと判断したもよう。
(略)
*************************************************************************************************

ただ業績は混迷を極めているため、このまま座して保有しているだけだとさらに運用成績が大変なことになりそうです。
このまま大人しくしているということはないでしょう。


最高裁、情報公開訴訟でインカメラ審議を認めず

民事裁判で、当事者には開示せずに裁判所だけが文書を見て判断をすることをインカメラといいます。民事訴訟法の文書提出義務の判断などについて定めが置かれていますが、情報公開法では、情報公開審査会が行うことが出来ますが、訴訟の段階で行うことが出来る規定は設けられていません。この点について、情報公開訴訟でインカメラ審理が許されるかが争点となった事件があり、最高裁はインカメラ審理を認めた原審を破棄して、検証物提示命令の申立てを却下しました。最高裁判所第一小法廷平成21年01月15日決定 平成20(行フ)5 検証物提示命令申立て一部提示決定に対する許可抗告事件理由は端的に、定めが置かれていない以上できないとしています。手続法であり、しかも出来る場合はそれぞれ定めをおいている以上、規定がなくても一般的に出来るのだと解することは困難でしょう。

スティール・パートナーズ、3月のサッポロの定時株主総会では株主提案を見送り

先日、スティールが保有している日本株を大幅に手放していたことをお伝えしましたが、いくつかの銘柄については今後も関与していくことも表明していました。そのうちの一つがサッポロHDです。これまでののしりあいのようなこともしており、かなりこじれている様相を呈していますが、3月に行われる次のサッポロHDの定時株主総会では株主提案を見送ったことが明らかになりました。*************************************************************************************************米投資ファンドのスティール、サッポロHDに株主提案せず(日本経済新聞2009年1月31日)サッポロホールディングス(HD)の筆頭株主である米投資ファンドのスティール・パートナーズは、3月下旬のサッポロHDの定時株主総会に向け、買収防衛策の廃止や新経営陣の選任を求める株主提案の提出を見送った。スティールは現在18.6%を出資し、これまでサッポロHDの買収を求めている。今回の株主提案の提出期限は1月29日だったが、新たな提案を出しても他の株主の賛同を得にくいと判断したもよう。(略)*************************************************************************************************ただ業績は混迷を極めているため、このまま座して保有しているだけだとさらに運用成績が大変なことになりそうです。このまま大人しくしているということはないでしょう。

遮断されていた理由

たまっている判例についてごくごく簡単にですが、取り上げました。まだたくさんありますけど。どうしましょう。何とかできる範囲でやっていきます。さて、最近、google adsenseが表示されなくなっていたのですが、色々調べたらカスペルスキーのせいでした。ポップアップの類だと判断して遮断されていました。設定を変えようと、カスペルスキーをいじってみたところ、ものすごくたくさんのいろいろなものを遮断していたことが分かりました。結構静かな環境でネットを出来ていたのだなと改めて思いました。このブログのブログ人版ではgoogle adsenseの広告が入っています。もしカスペルスキーをお使いで表示されないぞという方がいらっしゃいましたら、設定を直すと表示されますよ。

ロクラク2事件控訴審判決全文

ロクラク2事件控訴審判決の全文ですが、エントリーを書いた段階ではまだ裁判所ウェブサイトにアップされていなかったのですが、程なく掲載されたようですのでリンクを掲載しておきます。

知的財産高等裁判所平成21年01月27日判決 平成20(ネ)10055 著作権侵害差止等請求控訴事件


よく寝ている

最近、行き帰りの電車の中では疲れのせいか、寝ていることが多いです。電車の中はなんだか寝てしまうんですよね。これは多くの方も同じではないかと思います。もっとも電車の中で寝ているのは日本に特徴的なことらしく海外ではあまり見られないらしいです。なぜ日本人は電車の中で寝ているのかについて、ガタンゴトンというリズムが催眠効果をかもし出しているのだというような見解を前に聞いたのですが、最近の鉄道レールはロングレールになっていますから、ガタンゴトンとはなりません。あの音はレールの継ぎ目を車輪が通過するときの音なのですが、最近のレールはキロ単位で1本になっているくらい長いので、継ぎ目の通過はほとんどなく、走行音もシャーという音しか聞こえません。むしろガタンゴトンとなるとうるさくてかえって眠れませんよね。以前地方路線を載った時に、うるさくて困りました。よって、ゆれが心地よいということはなく、むしろ別の理由なのではないかと思われるのです。もっとも従前に習慣付けられたのが、体に染み付いているという可能性もありますがね。他の理由は何かなと考えると、端的に寝不足とか疲れているだけなのではないでしょうか。日本人はやはり、なお働きすぎといえるのかもしれません。

ロクラク2事件控訴審判決全文

ロクラク2事件控訴審判決の全文ですが、エントリーを書いた段階ではまだ裁判所ウェブサイトにアップされていなかったのですが、程なく掲載されたようですのでリンクを掲載しておきます。知的財産高等裁判所平成21年01月27日判決 平成20(ネ)10055 著作権侵害差止等請求控訴事件

大人しく

帰りの電車の中で盲導犬だと思うのですが犬が乗っていました。ご主人の足元で大人しくしていて、うちの犬とは大違いでした。うちの犬たちも見習ってほしいです。しかし盲導犬も中々大変なのではないでしょうか。あちこちに気を配っており凛々しい感じでしたが、疲れているみたいでもありました。表情に哀愁が漂っている感じで。うちの犬たちなんて全く持って自由でわがまま放題です。人の役には全くたちませんが長生きはするのではないかと思います。

解雇法制の国際比較

ファイザーがこの不況下でも大規模な買収を行い地位を固める模様ですが、買収後に大幅なリストラをすることも発表されて、雇用情勢を冷やしています。これをみているとアメリカの解雇法制の自由度が高いことが改めて伺われます。日本でも同じような買収を実現することは無理ではありませんが、整理解雇の法理がありますから、リストラや雇用を切らないまでも労働条件の切り下げは絶対に買収の前にやらないといけません。それだけ選択肢が狭まることはやはり全く自由に出来るのと比べると不利になるのでしょう。労働条件の切り下げの難しさゆえに、会社分割ではなく、あえて事業譲渡を活用する向きもあるくらいです。会社分割だと労働条件は完全に従前のままになりますので。このご時世ですと、生き残りのための選択と集中が必須になりますが、労働条件を切り下げないでやることはまず考えられませんから、逆に会社分割は減るかもしれませんね。