Month: 8月 2008

コナカ店長が労働審判で「管理職でない」とする審判 超勤手当ての支払いについては訴訟で判断へ

いわゆる「名ばかり管理職」と法的に認定され使用者に残業代の支払義務が生じる事例は次々とでていますが、新設された個別労働関係の紛争処理制度である労働審判でも判断がなされています。その中で、名ばかり管理職であることは認定したものの、支払われるべき残業代については審理が十分でないとして別途訴訟とすることになったという事例が報道されました。制度論として興味深い点があるので取り上げます。************************************************************************************************* コナカ労働審判:2店長は「管理職でない」−−横浜地裁判断(毎日新聞2008年8月23日) 紳士服大手コナカ(本社・横浜市)の店長2人が、店長としての権限や出退勤の自由などがない「名ばかり管理職」として扱われ、本来受け取れるはずの残業代をもらえなかったとして、同社に計1284万円の支払いを求めた労働審判で、横浜地裁は22日、2人が管理職ではないと認める判断を示した。不払い残業については「3回の審議では残業時間の算定に至らなかった」として判断を避けた。このため、正式な裁判に移行する。(略) ************************************************************************************************* 労働審判は原則3回の審理で結論を出すという迅速な手続ですので、細かい事実認定が必要な残業代の計算までは無理というのはその通りだと思います。訴訟でやるべきというのもその通りだと思われます。ただ、どういうルートで訴訟に行くのか、いまいち分からない点があります。労働審判に相応しくないと判断されたら、審判を打ち切れるのですが、本件では「名ばかり管理職である」と判断する審判はしているのでこのルートではないようです。すると、異議申し立てをして訴訟に移行するルートでしょうか。すると、審判は失効してしまいます。審判の判断に異議申し立てがなく確定すれば、裁判上の若いと同一の効力で既判力が生じますので、それを踏まえて残業代についての訴訟は別途提起するということなのかもしれません。もっとも、使用者側が「名ばかり管理職」の認定に不服があれば、訴訟に移行できるのは当然で、その場合は失効してしまいます。よって審判に判断してもらったことをうまく訴訟でそのまま活かせるかというと確実とはいえないでしょう。

コナカ店長が労働審判で「管理職でない」とする審判 超勤手当ての支払いについては訴訟で判断へ

いわゆる「名ばかり管理職」と法的に認定され使用者に残業代の支払義務が生じる事例は次々とでていますが、新設された個別労働関係の紛争処理制度である労働審判でも判断がなされています。
その中で、名ばかり管理職であることは認定したものの、支払われるべき残業代については審理が十分でないとして別途訴訟とすることになったという事例が報道されました。
制度論として興味深い点があるので取り上げます。
*************************************************************************************************
コナカ労働審判:2店長は「管理職でない」--横浜地裁判断(毎日新聞2008年8月23日)
紳士服大手コナカ(本社・横浜市)の店長2人が、店長としての権限や出退勤の自由などがない「名ばかり管理職」として扱われ、本来受け取れるはずの残業代をもらえなかったとして、同社に計1284万円の支払いを求めた労働審判で、横浜地裁は22日、2人が管理職ではないと認める判断を示した。不払い残業については「3回の審議では残業時間の算定に至らなかった」として判断を避けた。このため、正式な裁判に移行する。
(略)
*************************************************************************************************
労働審判は原則3回の審理で結論を出すという迅速な手続ですので、細かい事実認定が必要な残業代の計算までは無理というのはその通りだと思います。
訴訟でやるべきというのもその通りだと思われます。
ただ、どういうルートで訴訟に行くのか、いまいち分からない点があります。
労働審判に相応しくないと判断されたら、審判を打ち切れるのですが、本件では「名ばかり管理職である」と判断する審判はしているのでこのルートではないようです。
すると、異議申し立てをして訴訟に移行するルートでしょうか。
すると、審判は失効してしまいます。
審判の判断に異議申し立てがなく確定すれば、裁判上の若いと同一の効力で既判力が生じますので、それを踏まえて残業代についての訴訟は別途提起するということなのかもしれません。
もっとも、使用者側が「名ばかり管理職」の認定に不服があれば、訴訟に移行できるのは当然で、その場合は失効してしまいます。よって審判に判断してもらったことをうまく訴訟でそのまま活かせるかというと確実とはいえないでしょう。

寄り合い所帯

昨日今日と涼しくなったどころではなく、寒くなってきています。おかげで朝方に寒くて起きてしまいました。変に眠りを妨げられると、一日中眠くて困ります。テスト前ですのでオリンピックの中継はほとんど見ませんでしたが、それでも野球は今回で正式種目から外れるというのは妥当なところなのではないかと思いました。なんだか面白くなかったです。何が悪いのかよく分かりませんが、プロ野球や高校野球のほうが面白いように思えました。中途半端なところが悪いのかもしれません。オリンピックが終わって、早くも競技団体に対する非難合戦がはじまっていますが、日本のスポーツ界は競技団体の寄り合い所帯であることが非常によく分かります。IOCって一体何なのでしょうか。歴史を振り返ってみても日本はこういう寄り合い所帯で、全体としての統制が取れていない統治体制というのをよくします。最たる例が室町幕府ではないかと思います。守護大名の寄り合い所帯で将軍の権威が非常に弱く、しかも家の格式が非常に重要であったため、にっちもさっちも行かなくなったのが室町幕府だったと個人的には理解しています。どうしようもない組織って歴史を超えて共通性があるように思えるのです。

人選

オバマ氏の副大統領候補がバイデン上院議員になったそうです。日本ではまだそれほど大々的に取り上げてはいませんが、アメリカではトップニュースになっています。日本ではなじみがないので

犬元気

ここ最近涼しくなってきていますね。特に朝方などに顕著であるように思います。涼しくなってきたら犬たちが元気になってきており、力いっぱいギャーギャー騒いでいます。写真は暑い盛りのときのαです。βは大人しくしてくれないので中々写真に撮れません。毛色がすっかり茶色くなってきてしまい、βと近くなってきました。

米ベンチャー企業ヒルクレスト・ラボラトリーズ、任天堂をWiiが特許侵害をしているとして提訴

アメリカのベンチャー企業ヒルクレスト・ラボラトリーズが、任天堂のゲーム機Wiiが特許侵害をしているとして、メリーランド州の連邦地方裁判所とITCに提訴したことが明らかになりました。
*************************************************************************************************
米ベンチャー企業、任天堂の「Wii」を特許侵害で提訴(日本経済新聞2008年8月21日)
 【シリコンバレー=田中暁人】米ベンチャー企業のヒルクレスト・ラボラトリーズ(メリーランド州)は20日、同社が持つ特許を任天堂が侵害しているとして、米国際貿易委員会(ITC)とメリーランド州の連邦地裁にそれぞれ提訴したと発表した。ヒルクレストはテレビ用リモコンなどを開発する。任天堂の人気ゲーム機「Wii(ウィー)」が特許を侵害していると主張している。(12:17)
*************************************************************************************************
メリーランド州に提訴したのは、ヒルクレストの所在地であるためでしょう。
連邦地裁になっているのは特許法は連邦の管轄だからです。
このヒルクレストという会社ですが、一応特許管理会社でなないようで、製品・サービスなどの販売も行っているようです。
ヒルクレストのウェブサイト
提訴に関するヒルクレストのリリース
上記リンク先のリリースによると、テレビに向けることで機能するWiiリモコンが特許を侵害していると主張している模様です。
任天堂はこれまでも多くの知的財産権紛争を経験していますので、前例と同じくうまく対応するのではないかと予想しています。

米ベンチャー企業ヒルクレスト・ラボラトリーズ、任天堂をWiiが特許侵害をしているとして提訴

アメリカのベンチャー企業ヒルクレスト・ラボラトリーズが、任天堂のゲーム機Wiiが特許侵害をしているとして、メリーランド州の連邦地方裁判所とITCに提訴したことが明らかになりました。************************************************************************************************* 米ベンチャー企業、任天堂の「Wii」を特許侵害で提訴(日本経済新聞2008年8月21日) 【シリコンバレー=田中暁人】米ベンチャー企業のヒルクレスト・ラボラトリーズ(メリーランド州)は20日、同社が持つ特許を任天堂が侵害しているとして、米国際貿易委員会(ITC)とメリーランド州の連邦地裁にそれぞれ提訴したと発表した。ヒルクレストはテレビ用リモコンなどを開発する。任天堂の人気ゲーム機

サントリー、純粋持株会社へ移行

サントリーが、株式移転方式で純粋持株会社を新設、その下に事業会社とビジネスサポート会社なるものがぶら下がる形での持株会社化をすることになりました。
サントリーのリリース
ビジネスサポート会社なるものは、説明から読み取る限り、総務部門などをまとめた会社になるようです。
総務部門を分社化する例は比較的良くあります。
サントリーは上場はしていませんが、株主が多いため、有価証券報告書の提出会社です。
株式移転によっても株主が減るわけではありませんから、提出義務者が新しく作る持株会社になるだけではないかと思われます。

☆★NTTの光回線を利用したテレビ向け映像配信サービス。地デジ対応もOK!★☆

【無料】サッカー動画をお試し視聴!

サントリー、純粋持株会社へ移行

サントリーが、株式移転方式で純粋持株会社を新設、その下に事業会社とビジネスサポート会社なるものがぶら下がる形での持株会社化をすることになりました。サントリーのリリース ビジネスサポート会社なるものは、説明から読み取る限り、総務部門などをまとめた会社になるようです。総務部門を分社化する例は比較的良くあります。サントリーは上場はしていませんが、株主が多いため、有価証券報告書の提出会社です。株式移転によっても株主が減るわけではありませんから、提出義務者が新しく作る持株会社になるだけではないかと思われます。

雷雨

今日はちょっとした事情から朝早くから大学に行って勉強していました。自習室が開いてすぐに行ったのは初めてです。帰宅時、雷雨の中帰る羽目になり、散々な終局を迎えましたが。わざわざ大雨の時間帯に帰ってしまったようです。今年は本当に雷が多いですね。