Month: 8月 2006

オンラインショッピングの肝

朝夕はすっかり秋らしくなってきました。
通勤時の列車の冷房もようやくよく効くようになってきました。
周囲が暑いので当たり前ですが、必要なときほど効きが悪いので悪いので困り物です。

ようやく江頭教授の会社法に対応した著書「株式会社法」が出版されるので、予約購入しようと会社の福利厚生で契約しているネット書店で探したところありませんでした。
探し方が悪いのかもしれませんが、江頭教授の名前を入れたので多分間違いないと思います。
使い勝手が悪いだけではなく、カバー率まで悪いとは困ったものです。
この間の日経の記事で、オンラインショッピングにおいては、ベストセラーではないものの売れ行きが一般の店舗と比べてとても大きいという記事が載っていました。
それだけ沢山の種類をそろえて、検索によって見つけてもらい購入へ結びつけるという販売方法が非常に有効ということですが、ネットでありさえすればどこもかしこもそうなっているわけではないことを痛感しました。
品揃えもさることながら、検索がしっかりしていないショッピングサイトって多いです。
googleはやはりとてつもなくすごいですね。

「レイクはいい買い物だった」の説

ウェルチがレイクを買収した際、「いい買い物だった」と振り返る下りが「わが経営」に出てきます。
こんなことを書いているくらいですから、消費者金融大手のレイクが外資であることは有名な話かと思っていたのですが、そうでもないようで、ここにきてアメリカがサラ金をやっているとはと驚いている方もいるようです。

別にGEがいきなり日本でサラ金をはじめたわけではなく、半つぶれだったから買収したに過ぎないですし、武富士とかにも外資が投資していますが、武富士がせっせとIRに努めた成果ですので、はげたがが掻っ攫っていくというような考え方はやめましょう。
来てもらったという面もあるのです。もちろん自らの利益にならなければ投資してくれるわけもないですが…。

その昔、武富士がウォールストリートジャーナルで一面使って投資家向けの広告を出しているのを見たことがあります。武富士はIRに熱心なのだなあと感じました。
その結果が今あるわけで、痛し痒しなのは外資だけではないですね。

上限金利特例に事業者向け融資も含む方向に 一方で上限金利下げは堅持

[関連したBlog]
上限金利引下げの例外を設けることには反対が強いことをお伝えしていますが、金融庁は設ける方向を変えておらず、新たに事業者向けの融資も特例を適用する方向であることが明らかになりました。

貸金業上限金利、事業者向けにも「特例」・金融庁原案(日本経済新聞2006年8月29日)
金融庁が28日、自民党の一部議員に示した貸金業規制法改正の原案が明らかになった。上限金利の引き下げ問題を巡り、個人向け短期融資に加え、事業者向けの緊急融資にも金利上乗せを認める「特例」を設ける方向性などを盛り込んだ。上限額は300万―500万円、返済期間は3―6カ月の間で調整するもよう。自民党の「貸金業制度等に関する小委員会」はこの案をたたき台に、週内にも議論を再開する。
記事全文はこちら

事業者向け緊急融資であるか個人への貸付かはどう峻別するのでしょうか。
下手をすると短期少額に限定することで例外扱いしても支障がないとした個人向け貸付の例外扱いの趣旨を没却しそうです。
一方で、アメリカからも反対がでている上限金利の引下げですが、金融庁は方針を変更せず行うとしていることも報道されています。
秋の臨時国会に提出予定ですが、例外は認められそうですが少なくとも上限金利下げは実現しそうです。

上限金利特例に事業者向け融資も含む方向に 一方で上限金利下げは堅持

[関連したBlog]

上限金利引下げの例外を設けることには反対が強いことをお伝えしていますが、金融庁は設ける方向を変えておらず、新たに事業者向けの融資も特例を適用する方向であることが明らかになりました。

*************************************************************************************************
貸金業上限金利、事業者向けにも「特例」・金融庁原案(日本経済新聞2006年8月29日)

金融庁が28日、自民党の一部議員に示した貸金業規制法改正の原案が明らかになった。上限金利の引き下げ問題を巡り、個人向け短期融資に加え、事業者向けの緊急融資にも金利上乗せを認める「特例」を設ける方向性などを盛り込んだ。上限額は300万―500万円、返済期間は3―6カ月の間で調整するもよう。自民党の「貸金業制度等に関する小委員会」はこの案をたたき台に、週内にも議論を再開する。
記事全文はこちら
*************************************************************************************************

事業者向け緊急融資であるか個人への貸付かはどう峻別するのでしょうか。
下手をすると短期少額に限定することで例外扱いしても支障がないとした個人向け貸付の例外扱いの趣旨を没却しそうです。

一方で、アメリカからも反対がでている上限金利の引下げですが、金融庁は方針を変更せず行うとしていることも報道されています。
秋の臨時国会に提出予定ですが、例外は認められそうですが少なくとも上限金利下げは実現しそうです。

マスコミ受けのいい人

またもや私自身は見ていないのですが、塩川前財務大臣が小沢一郎をもてはやしているのはマスコミだけだという趣旨の発言をしていたそうです。

失脚した老人が何度でも復活できる民主党には大いに疑問がありますが、小沢一郎に期待を寄せる向きにはもっと疑問があります。
というのは小沢一郎こそ田中角栄の秘蔵っ子であり、派閥政治の駆け引きで権力を海を渡っていくというタイプの政治家です。
小泉総理が敵としてきたこれまでの政治のメインロードを歩んできた勢力のど真ん中にいた人物です。もう少し前に登板していたら総理と対決して面白かったかも知れません。
これまでの派閥政治には消極的ながら評価する声もあるでしょう。パイを分配するのには貢献したとか。地方に利益を配分するのには寄与したとか何とか言うかもしれません。しかし、どれをとっても右肩上がりの時期で何をしていても特に支障がないからそんなことをいっていられる類の話で、民主主義と競争原理が浸透するのを妨げるという点で大半は時間と資源の無駄です。いまどきそんな旧来型の申し子を再登板させるなんてどうかしているでしょう。国民の期待もあまり集まっていないように思えます。

もっとすごいのは海外のマスコミはほとんど触れていません。
TIMEが小沢一郎を取り上げたのはもう15年近く前ですが、もはや彼らはそんな政治家が日本にいたことすら忘れているでしょう。

ただ日本のマスコミの彼への好感も謎です。マスコミへの応対が特に良いわけでもなく、むしろひどい方なのにつれなくされた方が彼の中に大人物を見るのです。思い込みの類なのでしょうか。

ニュージャージー州連邦地裁、半導体メモリの特許に関して松下とサムスン双方に特許侵害なしの判決

松下とサムスンは、アメリカで特許訴訟を複数起こしていますが、そのうちの一つの半導体メモリーの特許をめぐって双方が提訴していた裁判の判決がニュージャージー州連邦地方裁判所で25日言い渡され、双方特許侵害なしという結論だあったことが明らかになりました。
松下はこのほかにプラズマパネルの特許でもサムスンと争っています。
私の利用しているサービスでは、連邦高裁以上の特許事件でないと送られてこないので、判決本体には当たっていませんが、松下は控訴する意向のようです。

ニュージャージー州連邦地裁、半導体メモリの特許に関して松下とサムスン双方に特許侵害なしの判決

松下とサムスンは、アメリカで特許訴訟を複数起こしていますが、そのうちの一つの半導体メモリーの特許をめぐって双方が提訴していた裁判の判決がニュージャージー州連邦地方裁判所で25日言い渡され、双方特許侵害なしという結論だあったことが明らかになりました。

松下はこのほかにプラズマパネルの特許でもサムスンと争っています。

私の利用しているサービスでは、連邦高裁以上の特許事件でないと送られてこないので、判決本体には当たっていませんが、松下は控訴する意向のようです。

住友信託、旧UFJ信託との統合反故にともなう損害賠償請求訴訟控訴審で100億円を請求

[関連したBlog]
第一審で全くのゼロ回答だった住友信託と旧UFJホールディングスの経営統合反故事件ですが、控訴審の第2回口頭弁論が28日に開かれ、住友信託は破談による損害を147億円と算出して、一部請求として100億円を請求していることが明らかになりました。
根拠はもともと3000億円の買収だったことから、アメリカの違約金算出式にこの額を入れたとのことで、その分が116億8500万円とし、その他の損害をあわせて147億円としたと判明しました。
第一審では、履行利益の一部請求で1000億円だったのですが、第二審ではがらっと主張が変わっているように見えます。
時機に遅れた攻撃防御方法にならないのかという疑問が出てきますが、そもそも第一審の主張から判決まで詳細が分からないため、コメントのしようがありません。
第一審は信頼利益の請求がないからゼロという結論だったのですが、主張できる留保か何かを残していたのかよく分からないところです。
相手方である三菱UFJはアメリカの違約金算定式は日本の商慣行に反するとして全面的に争う姿勢を示しました。
ただ、東京高裁は和解を促しており、和解の話し合いも訴訟とは別にスケジュールにあり、両面で話が展開する模様です。

住友信託、旧UFJ信託との統合反故にともなう損害賠償請求訴訟控訴審で100億円を請求

[関連したBlog]

第一審で全くのゼロ回答だった住友信託と旧UFJホールディングスの経営統合反故事件ですが、控訴審の第2回口頭弁論が28日に開かれ、住友信託は破談による損害を147億円と算出して、一部請求として100億円を請求していることが明らかになりました。
根拠はもともと3000億円の買収だったことから、アメリカの違約金算出式にこの額を入れたとのことで、その分が116億8500万円とし、その他の損害をあわせて147億円としたと判明しました。

第一審では、履行利益の一部請求で1000億円だったのですが、第二審ではがらっと主張が変わっているように見えます。
時機に遅れた攻撃防御方法にならないのかという疑問が出てきますが、そもそも第一審の主張から判決まで詳細が分からないため、コメントのしようがありません。
第一審は信頼利益の請求がないからゼロという結論だったのですが、主張できる留保か何かを残していたのかよく分からないところです。

相手方である三菱UFJはアメリカの違約金算定式は日本の商慣行に反するとして全面的に争う姿勢を示しました。
ただ、東京高裁は和解を促しており、和解の話し合いも訴訟とは別にスケジュールにあり、両面で話が展開する模様です。

ダニ

最近ダニさされができていて痒くて困っています。
紙類が散乱して乱雑なオフィスにダニがいるのではないかと勘繰っています。

今週は穏やかにスタートしました。
部長がいなかっただけですが。

夏休みも物足りなかったしもう少し休みたいのですが、何とかならないか思案のしどころです。