Month: 1月 2006

更新遅れました

この日は泊りではなかったのですが、夜更新しようとしたらdoblogが重くなっていてできなかったので、更新が遅れました。

おおむね平和に推移しました。
しかしこれはきわめて表面的事象に過ぎないわけです。

キヤノン、インクカートリッジ訴訟で逆転勝訴 知財高裁、リサイクルカートリッジを特許権侵害と判断

[関連したBlog]

大変な注目を集めているインクジェットプリンタのリサイクルインクカートリッジをめぐる裁判ですが、知財高裁は大合議で審理の末、1月31日に判決を下しました。
東京地裁判決から一転、リサイクルカートリッジを特許権侵害と判断、キヤノンの逆転勝訴となりました。
記事はこちら
判決全文はこちら
知財高裁ウェブサイトで公開されている資料はこちら

インクジェットプリンタのインクにメーカー純正品と再生品業者にやる廉価品があるのはどなたもご存知だと思いますが、これはレーザープリンタのトナーでも同じ状況でして、キヤノン、エプソンなどプリンタを製造しているメーカーの収益を脅かす存在となっています。一事が同様のビジネスモデルすべてにつながりますので、今回の判決の意義は極めて大きいといえます。

インクカートリッジはそのもの自体が特許です。またその製造方法もまた特許となっています。
今回取り上げられているのは、BCI-3eの4色インクのシリーズのようですが、すべての製品に共通するといってよいでしょう。

再生品業者である本件の被控訴人リサイクル・アシストはインクの再充填をしている会社ではありません。この件で問題とされた再生品を日本へと輸入・販売をしている会社です。特許権の中に輸入・販売は入っていますから、特許権侵害品を製造していなくても、侵害者となるわけです。
ちなみに再充填自体をしているのはマカオの会社名不詳の会社となっています。

さて論点はこのようなことです。
世の中にあふれている機械製品はほとんど特許を含んでいますが、すると購入した人は自ら購入したものの通常の使用をしているだけで特許権侵害を四六時中していることになってしまいかねません。(方法の発明ならありえませんが、物の発明の場合、特許権侵害になりえます)
そこで特許権の消尽という考えがあります。
すなわち適法に販売された以上、発明へのインセンティブという特許権の目的は達成されたということで特許権は消滅したと考えるということです。
よって購入した消費者が使用している限り、特許権者はかかってこないわけですが、この使用の過程においては、修理したり消耗品を取り替えたりと、用途どおりに使うことだけではすまない要素があります。

ごみとなったインクカートリッジを回収して再充填するのはこのようなこととみてよいのか、それともそういった場合には消尽は否定されて、特許権が復活するのかというのが問題点です。
消尽自体は、特許法に規定があるわけではなく、政策的見地からの特許権の制限としてのものです。
そのため個別製品、個別事象の戦場となってしまっています。
使い捨てカメラの電池交換は特許権侵害という判断がありますが、地裁はインクカートリッジについては逆の判断をしたわけです。

知財高裁は、消尽した特許権が復活して権利行使可となるケースを二種類に分類しました。
①効用を終えてから、それを原材料としての生産
②効用がまだあっても第三者が本質的な部分に手を加えた場合

効用を終えたというのは要するに寿命を迎えたという意味です。
ごみから新しく物の発明にあたるものを生産すれば特許権侵害であるのは当たり前ですし、第三者が手を加えた場合、特許権者が当初許諾した状態からの同一性が失われるからと説明されています。

知財高裁は、①については、一回の使用で寿命だとするキヤノンの主張を退け、効用は終わっていないとしました。
しかし②に関して、インクタンクに穴を開けて洗浄、インクを再充填して、ふさぐという行為が当該インクカートリッジ特許の本質的部分を構成している部材の一部についての加工又は変換であるとして特許権行使を可としました。

インクカートリッジの特許の重要な部分は、インクの液体が入っている部分と繊維状のものが入っている部分とに分けた分室構造であるとされ、その構造を維持するための派手な作業が単なる修理や補充を越えて特許権を侵害しているというわけです。
ここからキヤノンの主張を認め、輸入と販売差止めを命じました。

リサイクルに関する主張がリサイクル・アシスト側からありましたが、あまり法律論でないにもかかわらず、キヤノンは回収したカートリッジを燃料などに使っているとして退けました。

海外販売分のカートリッジも回収していたため、国際的消尽の話にもなっていますが、あくまでインクカートリッジを販売しただけで、生産設備や材料を販売したわけではないため、黙示的許諾をしていたとは解されないとして、否定しました。
並行輸入に関してはBBS事件がそのまま妥当するところですが、事実関係が相違するというわけです。

さてこの事件の判示からすると、この結論はインクカートリッジの技術的特徴に負うところが大きいため、トナーなど隣接事例ではどうなるのか微妙な感じを受けました。
トナーはメーカー自ら回収したカートリッジを再充填しているようですし、結論が逆になりそうな感じもあります。
まだまだ紛争の種は尽きずという感じがあります。
本件も上告されるようですので最高裁の判断もあるかもしれません。

仮執行宣言はついていません。よってリサイクル品の販売は継続されます。
今すぐに劇的な変化がおきるというわけではありませんのでリサイクル品を愛用している方は一安心というところでしょうか。

キヤノン、インクカートリッジ訴訟で逆転勝訴 知財高裁、リサイクルカートリッジを特許権侵害と判断

[関連したBlog]
大変な注目を集めているインクジェットプリンタのリサイクルインクカートリッジをめぐる裁判ですが、知財高裁は大合議で審理の末、1月31日に判決を下しました。
東京地裁判決から一転、リサイクルカートリッジを特許権侵害と判断、キヤノンの逆転勝訴となりました。
記事はこちら
判決全文はこちら
知財高裁ウェブサイトで公開されている資料はこちら
インクジェットプリンタのインクにメーカー純正品と再生品業者にやる廉価品があるのはどなたもご存知だと思いますが、これはレーザープリンタのトナーでも同じ状況でして、キヤノン、エプソンなどプリンタを製造しているメーカーの収益を脅かす存在となっています。一事が同様のビジネスモデルすべてにつながりますので、今回の判決の意義は極めて大きいといえます。
インクカートリッジはそのもの自体が特許です。またその製造方法もまた特許となっています。
今回取り上げられているのは、BCI-3eの4色インクのシリーズのようですが、すべての製品に共通するといってよいでしょう。
再生品業者である本件の被控訴人リサイクル・アシストはインクの再充填をしている会社ではありません。この件で問題とされた再生品を日本へと輸入・販売をしている会社です。特許権の中に輸入・販売は入っていますから、特許権侵害品を製造していなくても、侵害者となるわけです。
ちなみに再充填自体をしているのはマカオの会社名不詳の会社となっています。
さて論点はこのようなことです。
世の中にあふれている機械製品はほとんど特許を含んでいますが、すると購入した人は自ら購入したものの通常の使用をしているだけで特許権侵害を四六時中していることになってしまいかねません。(方法の発明ならありえませんが、物の発明の場合、特許権侵害になりえます)
そこで特許権の消尽という考えがあります。
すなわち適法に販売された以上、発明へのインセンティブという特許権の目的は達成されたということで特許権は消滅したと考えるということです。
よって購入した消費者が使用している限り、特許権者はかかってこないわけですが、この使用の過程においては、修理したり消耗品を取り替えたりと、用途どおりに使うことだけではすまない要素があります。
ごみとなったインクカートリッジを回収して再充填するのはこのようなこととみてよいのか、それともそういった場合には消尽は否定されて、特許権が復活するのかというのが問題点です。
消尽自体は、特許法に規定があるわけではなく、政策的見地からの特許権の制限としてのものです。
そのため個別製品、個別事象の戦場となってしまっています。
使い捨てカメラの電池交換は特許権侵害という判断がありますが、地裁はインクカートリッジについては逆の判断をしたわけです。
知財高裁は、消尽した特許権が復活して権利行使可となるケースを二種類に分類しました。
①効用を終えてから、それを原材料としての生産
②効用がまだあっても第三者が本質的な部分に手を加えた場合
効用を終えたというのは要するに寿命を迎えたという意味です。
ごみから新しく物の発明にあたるものを生産すれば特許権侵害であるのは当たり前ですし、第三者が手を加えた場合、特許権者が当初許諾した状態からの同一性が失われるからと説明されています。
知財高裁は、①については、一回の使用で寿命だとするキヤノンの主張を退け、効用は終わっていないとしました。
しかし②に関して、インクタンクに穴を開けて洗浄、インクを再充填して、ふさぐという行為が当該インクカートリッジ特許の本質的部分を構成している部材の一部についての加工又は変換であるとして特許権行使を可としました。
インクカートリッジの特許の重要な部分は、インクの液体が入っている部分と繊維状のものが入っている部分とに分けた分室構造であるとされ、その構造を維持するための派手な作業が単なる修理や補充を越えて特許権を侵害しているというわけです。
ここからキヤノンの主張を認め、輸入と販売差止めを命じました。
リサイクルに関する主張がリサイクル・アシスト側からありましたが、あまり法律論でないにもかかわらず、キヤノンは回収したカートリッジを燃料などに使っているとして退けました。
海外販売分のカートリッジも回収していたため、国際的消尽の話にもなっていますが、あくまでインクカートリッジを販売しただけで、生産設備や材料を販売したわけではないため、黙示的許諾をしていたとは解されないとして、否定しました。
並行輸入に関してはBBS事件がそのまま妥当するところですが、事実関係が相違するというわけです。
さてこの事件の判示からすると、この結論はインクカートリッジの技術的特徴に負うところが大きいため、トナーなど隣接事例ではどうなるのか微妙な感じを受けました。
トナーはメーカー自ら回収したカートリッジを再充填しているようですし、結論が逆になりそうな感じもあります。
まだまだ紛争の種は尽きずという感じがあります。
本件も上告されるようですので最高裁の判断もあるかもしれません。
仮執行宣言はついていません。よってリサイクル品の販売は継続されます。
今すぐに劇的な変化がおきるというわけではありませんのでリサイクル品を愛用している方は一安心というところでしょうか。

酒席

この日はお休みでしたが、夕方からお出かけしてきました。

社会人になると酒席が増えるわけですが、働いているところの特性によるのか、最近の酒の席は面白くないことが多く、非常に不満が続いていたのですが、今日は心置きなく時間がすごせました。

日頃は相当無理をしていることが改めてわかりました。
無理がいずれ、破綻をきたしますね。
考えどころです。

当てが外れる

今日は寝すぎて起きたのが遅かったため、部屋の整理をして勉強してたら一日終わってしまいました。
時間が余ったらゲームでもしようと思ったのですが、無念。

エースコンバットゼロを購入しても果たしてやる時間があるのかがかなりの難問です。

部屋の整理をしていて思ったのですが、マンガが多くなりすぎて収納できなくなっていました。ブックオフにでも売ろうか思案するところです。

来月はカレンダーどおりに勤めている友人たちに会おうと土日に休みを取ろうと申し込んだつもりだったのですが、ふたを開けてみたら、土日の休みはそれぞれ一回ずつしかありませんでした。こんなはずではなかったのですが。

挨拶に代わる話題

例によって徹夜勤務でした。

明けで残業していたら、先輩社員が「俺はSEEDは認めない」といってきました。
朝なのだから挨拶くらいで済ませてもいいのにいきなりそうくるとは驚きましたが、ちょうど激しい腹痛をこらえていたので、「その立場も有力です」とか訳のわからんことをいってその場を引き上げました。

30代の社員とは「ガンダム」とか「萌え」の話ばかりしています。
大丈夫かこの会社。

年齢構成がいびつなので年配社員との話では話題に気を使いますが、今日は疲れていたせいか、髪の毛が特殊な状況におかれている年配社員に「髪の毛を引っこ抜く」話をしてしまい、後でまずかったと思いました。
しかしもともと髪の毛を話題を振ってきたのはあちらなので、仕方がないですな。

リンク元情報

最近、検索エンジンからのアクセス動向が一変しまして、Yahooからが大半になってしまいました。
これはgoogleでは検索結果の上位に来ないということですよね。

他サイトからのリンクが余りないことなどが作用しているのだと勝手に自己分析していますが、以前は法律関係のキーワードだけで上位に来ていたので、状況がえらく変わったということでしょうね。
それだけ、ネット上の法律関係の情報が充実してきており、そのキーワードが含まれるというだけでは価値を認められない段階に入ったということでしょう。

Japan Law Expressは法律ブログではわりと老舗の部類だと思いますが、刻々と変化にさらされていることがよくわかりました。

アクセス自体は着実に伸びていますが、その実体は思ったよりは複雑です。

再現者…

今日も日帰りできました。
時間通り帰れたのですが、それでも遅くなりました。

古代ローマ軍団大百科という本を買いました。
研究書なのか図鑑の類なのか定かではありませんが、私には非常に楽しめる本です。

ローマ軍を再現してみせる集団がいくつか存在しているらしく、軍装の写真が載っていたりするのですが、これって要するにコスプレですよね。
「3世紀のローマ軍の再現を得意とする」って書かれるとご大層に聞こえますけど、コスプレだと思うとやはり形を真似るという趣味は洋の東西を問わないのですね。