Month: 3月 2005

社会人になって一年

久しぶりに徹夜明けで超勤せずまっすぐ帰ってきました。

時間がゆったり使えて助かりましたが、要するに寝ていただけでした。

明日から新年度ですが、4月以降は色々やることがプラスされ、今まで以上に忙しくなることになりました。
社員教育に力を入れている会社なのでそれにかかわるわけですが、いかにも日本の会社らしい仕事だなと思います。

新入社員代表挨拶をした日からもう一年です。
早かったですが、たまに振り返る時間もあったので、忙しかっただけの一年ではなかったです。
タフになったのか鈍くなったのか、今までよりは神経質ではなくなりました。

父に年をとるとだんだん細かいことを気にしなくなるといわれましたが、それが始まったのでしょうか。

あんまりやきもきせずに、新年度を迎えたいと思います。

エプソン、選択制の発明報酬制度導入

セイコーエプソンが社内に複数の発明報酬制度を導入して社員に選択させる制度を4月1日から開始することになりました。記事はこちら
引用した記事ではハイリターンと従来型というわけ方になっているのですが、よくよく見ると、ライセンス収入に応じて配分するか、製品の売り上げに応じて配分するかという点で算出根拠の異なる2種類でして、技術の特性に応じて使い分けができそうです。
一つの会社内で複数の発明報酬制度というのは目新しい動きといえるでしょう。

エプソン、選択制の発明報酬制度導入

セイコーエプソンが社内に複数の発明報酬制度を導入して社員に選択させる制度を4月1日から開始することになりました。記事はこちら

引用した記事ではハイリターンと従来型というわけ方になっているのですが、よくよく見ると、ライセンス収入に応じて配分するか、製品の売り上げに応じて配分するかという点で算出根拠の異なる2種類でして、技術の特性に応じて使い分けができそうです。

一つの会社内で複数の発明報酬制度というのは目新しい動きといえるでしょう。

【ファイルローグ事件控訴審判決】東京高裁、音楽ファイル交換を著作権侵害と認定

ファイル交換ソフトによる音楽ファイル交換が著作権侵害かいなかが争点になったファイルローグ事件の控訴審判決が31日東京高裁であり、一審判決を支持して、著作権侵害を認定、損害賠償と差止めを認めました。
記事はこちら
判決全文はこちら
アメリカでは、ファイル交換ソフトが合法目的にも使用可能かが争点となっており、被告の日本MMOもそれと似た主張をしていますが退けられました。
アメリカでは、合法目的にも使用可能であるかということを重大視する傾向があるのですが、これはファイル交換ソフトの開発自体は合法、そのファイルを配布するサイトも著作権侵害には責任を負わないという結論につながります。
日本MMOも同じ主張をしたのですが、通りませんでした。
日本ではアメリカと異なり著作権の方が大きく扱われ、私的複製権が制限的であり、ユーザーの権利であるという捉え方をあまりしない点などがこの違いの原因でしょう。
日本では私的複製は、著作権の制限事由のほうに入ります。

【ファイルローグ事件控訴審判決】東京高裁、音楽ファイル交換を著作権侵害と認定

ファイル交換ソフトによる音楽ファイル交換が著作権侵害かいなかが争点になったファイルローグ事件の控訴審判決が31日東京高裁であり、一審判決を支持して、著作権侵害を認定、損害賠償と差止めを認めました。
記事はこちら
判決全文はこちら

アメリカでは、ファイル交換ソフトが合法目的にも使用可能かが争点となっており、被告の日本MMOもそれと似た主張をしていますが退けられました。

アメリカでは、合法目的にも使用可能であるかということを重大視する傾向があるのですが、これはファイル交換ソフトの開発自体は合法、そのファイルを配布するサイトも著作権侵害には責任を負わないという結論につながります。

日本MMOも同じ主張をしたのですが、通りませんでした。
日本ではアメリカと異なり著作権の方が大きく扱われ、私的複製権が制限的であり、ユーザーの権利であるという捉え方をあまりしない点などがこの違いの原因でしょう。
日本では私的複製は、著作権の制限事由のほうに入ります。

運命の前日

またもや徹夜だったので遅れての更新です。

決算期末は色々と大変なのですが、その前日は逆に暇になるため、普段ならしないことをせっせとしていました。

***
よく、「最近の若者は…」というフレーズで若者を批判的に捉える傾向があります。
古くはエジプトのヒエログリフにもそのような下りがあるそうですが、大人にとって若者の振る舞いは古今東西変わらぬ批判の対象なのでしょう。

しかし、営業で働くようになって超実感しましたが、若者よりも中年の方がたちが悪いです。
社会生活で色々ストレスがあるためなのかもしれませんが…。

接客がいかに大変で理不尽なものか大変よくわかりました。
自分が買い物などするときは、相手の立場を思うと、あんまり無理をいわず、簡単なお客であろうと努めるようになりました。

業種による特性

ライブドアの一件で詳しく伝えられたおかげでフジテレビ創業の経緯やニッポン放送上場のいきさつを知ることができました。

かなり特殊というかいびつな構造が内在していますが、よく考えると他のメディアグループも多かれ少なかれ、お山の大将みたいに君臨している(していた)人がいますし、資本関係に変なものを抱えていますね。

何でマスコミってそうなのでしょうか。
業界ゆえの特殊性でしょうか。
再販や放送法などに規律されているとやはりちがってくるのでしょうか。

***
とっかえひっかえといいましょうか、いつも体のどこかしらが悪くなっていることに気付きました。

新年度はすっきりと迎えたかったですが、なんか無理そうです。

朝に弱く

徹夜だったわけではないのですが、帰宅が遅くなりすぎて力尽きたので遅れての更新です。

最近、午前中は調子が上がらず、午後になってようやくピッチが上がり、夕方になると絶妙なバランスになるようになってきました。

体力の不足はこんな感じのノリで乗り切っています。

もうすぐ一年

もうすぐ社会人になって一年たちます。
やはり早かったような気がします。
色々なことがありましたが、どうも日々のことに追われているという感じが強く、うまくまとめ切れていないですね。

今日も徹夜明けで色々とやっていて遅くなりました。
明日も朝早くからあるので大変です。

さようなら

この間、仕事で日系人の方のお相手をしたとき、用談が終わってから「さようなら」といって去っていかれました。
思わず、はっとしました。
最近、「さようなら」といっていないし、あまり聞くこともなくなったもので。

改めて考えると、仕事の後は「お疲れさまでした」とか「失礼します」とかいうのが常ですし、「さようなら」を使うことがあまりないですね。

最初に覚えるくらい基本的な挨拶なのにあまり使わなってしまっていますが、外国の方から頂戴するとは思いませんでした。
ちょっと驚きでした。