Month: 12月 2003

不可思議な一年

2003年を振り返るとなんとも不可思議な年だったと思います。
思いもよらないことが次々おきて、人生が自分でも予想もしていなかった方向に向きました。いいこと何だか悪いこと何だかよくわかりませんが。
運命とかを痛感した一年でした。

来年もメリハリをつけてがんばろうと思います。

皆様もよいお年を。

裁判員をめぐる綱引き

裁判員制度をめぐって法曹三者が綱引きを演じておりますが、各案を列挙して整理してみます。

井上先生の座長案 裁判官3人 裁判員4人
最高裁の案 裁判官3人 裁判員3人以下
法務省の案 裁判官3人 裁判員4人
日弁連の案 裁判官1、2人 裁判員9人以上
自民党案 裁判官3人 裁判員4人程度

いかにもな争いで結局はどの勢力にも不満が残る形で手打ちをすることになりそうな気がします。

余談ですが、東大法学部の講義中に裁判員制度について先生が学生に挙手を求める形でアンケートをとったことがあります。そのときの結果は、圧倒的に裁判官に裁かれたいとのことで、一般市民からなる裁判員なんて法律のことはわからないだろうから信用できないという意見が大勢でした。自分も法律の専門家だと思うからこそいえる大胆な発言ですが、東大生は自らの先輩がおおい裁判官をえらく信頼しているのですね。
しかし、大半の裁判はあくまで事実が主になるはず。法律の細かい解釈が大事になるのは、裁判ではなくてそれ以前の場面であり、法律の専門家だけで裁判を固めることはかならずしも必然とまではいえないのではないでしょうか。

変わる都市

今日は高校時代の方々との忘年会で久しぶりに川越に行ってきました。

最近、川越市というと、蔵づくりで有名なように、観光都市としての変貌を遂げています。
そのための観光開発として、電柱を地下化したりといろいろ工夫がなされているのですが、観光スポットである一番街はいいとして川越駅前から続く繁華街は、大手チェーンの飲食店が並ぶだけで、私の高校時代にはあった様々な種類の個人商店はすっかりなくなりました。道路はきれいにタイル張りになっていますが、あるのは日本中どこでもお目にかかれる店ばかりです。
飲食店だけの町というのは歓楽街ですから治安が悪くなります。今では川越市は夜間は出歩くのが憚られるようになってきたそうです。
川越はかなり開発に成功している都市だと思いますが、そういう街でもこういう画一化による地盤沈下みたいのが進んでいることは気になるところです。

道路

高速道路の今後の整備がホットなテーマとなっている昨今ですが、マスコミの論調では、これ以上道路を作る必要はなく今回の改革は腰砕けであるといわんばかりです。

今後建設が予定されている地域に住んだことがないので、必要性とかどうこういうことはできませんが、日本の道路事情はよくないのは確かです。
しかし、有料の高速道路を作ればいいというものではないのも確かです。地域のインフラの整備という話をするなら、国道とかの整備状況も考慮すべきであるはずで、なぜ高速道路ばかりに注目するのかはなぞです。

一つだけいえることは、高速道路の推進を求める地方の側は、地域の発展のために必要だと考えているのでしょうが、しっかりとした産業基盤や経済規模、文化風土とかがないのになまじ交通の便がよくなってしまうと人材の流失を招きます。東京以外に人と産業をひきつける力のある地方が日本にどれだけあるでしょうか。道路はかなりの利権構造ですので、道路での綱引きは建設側に有利になります。しかしそうなってみても、今のままならかえって過疎化を促進することになるでしょうね。

光ファイバー普及開始

わが町にもBフレッツがやってきまして、早くも開通した家があるようで、喜びの声が聞けました。

何と70~80メガ出ているというのが大半です。
Bフレッツとはいっても、この間問題になったように確か分岐タイプのはず。それでも100近く出るなんて、ほとんど独占状態ということでしょうか。うらやましい限りです。

先生もお家を光ファイバーに変えたそうですが、あまり速度が出ないといってお嘆きでした。東京だとユーザーも多いでしょうから、高速は難しいのでしょうね。我が家は当分ADSLで我慢します。
YahooBBを使っていた人が光に乗り換えてくれるとうちとしては助かりますね。フレッツADSLとYahooBBは干渉してフレッツが減衰する傾向にあるので、Yahooユーザーがいなくなってくれるとうちは速度が向上するのです。

戦いすんで

論文の提出期間終了になったので大学へいってみました。

見事なくらい誰もいませんね。
おかげでじっくり製本ができました。
昨日やったら顰蹙をかいそうだったので。

最近CNNでは、狂牛病で各国が米国産牛肉を輸入禁止にしたことが大々的に取り扱われています。特に日本の禁輸措置は扱いが大きいですね。
輸入禁止にした国は案外少ないです。特に東アジアが目立つくらいです。
やはり牛はたかいせいか、世界中で食べられているわけではないのですね。

損保ジャパン、911テロ関連の再保険紛争一応の解決へ

日本経済新聞:2003/12/25より引用

損保ジャパン、再保険紛争で事実上の勝利

 損害保険ジャパンが米再保険代理店フォートレス・リー(ノースカロライナ州)を詐欺的行為などで訴えている問題で、再保険専門家による仲裁人団は、フォートレス社に11億1900万ドル(約1200億円)の損害賠償金を損保ジャパン側に払うよう求める裁定を下した。事実上、損保ジャパンの「勝利」になるが、フォートレス社は支払い能力がないため、損失回収額は数億円程度にとどまりそうだ。

***
もとの事件は911テロ後に航空機の保険で過大な支払いが発生して、大成火災がつぶれ、日産火災海上とあいおい損保が大損害をこうむることになったというものです。不可解な再保険契約をフォートレス・リーが勝手に行ったため、テロにもかかわらず免責されずに大損害をこうむったという事件です。

リー社に任せきりだったため、気づかなかったというのが、日本の三社の言い分なのですが、これについては怪しいと思っていまして、ゼミで発表したことがあります。まあそれについてはまた今度。

ああ歳末商戦

ちょっとした事情で更新遅れました。

ヤマダ電機にいってみたら、プレステが私が買ったときよりも、500円安くなっていました。買ってからこれまであんまりやっていなかったので、とても損した気分です。

繰り返しになりますけど、プレステ2はあまり処理能力高くないですね。
高画質DVDは再生できないし、レスポンスとかいやに遅いし。PCに換算するとどのくらいの性能なのでしょうか。確かどこかに出ていたような気がするのですが。個人的にはペンティアムⅡ並ではないかと思います。

提出完了

論文を出してきました。

いつも思うのですが、大学の窓口の人って何であんなに偉そうなのでしょうねぇ。市役所の窓口もそうだし。

あと、配られた提出要領はわかりにくすぎます。まとめて一箇所に書いてよね。3枚に分けて書きおって、もう。

ま、とにかくこれで開放されたということでほっとしました。

自衛隊

いよいよ自衛隊のイラク派遣が決まり、隊員の方にとっては大変なことだと思います。

そういった出動でなくても、自衛隊の日常任務は体力的に厳しいようで、将官になるのでない場合、多くの方がまだ若いうちにおやめになるようです。

そこで再就職というわけですが、この間の日経に、ファミリーマートがフランチャイズ店のオーナーとして再就職自衛官に注目しているという記事がありました。基礎体力は十分ですし、規律規範を守る意識も高いということで、目をつけたようです。

こういうのは新しい再就職先であって、従来はNTTなどお堅い企業への再就職が多かったようです。退職自衛官の方がNTTに務めることになり、部長が辞令を交付したら、その方は部長に向かって敬礼したそうです。父が言っていました。NTTも今となってはやたらと人を抱えられないので、そういう光景は思い出になってしまったようです。