【液晶テレビ特許侵害問題】台湾の東元電気の日本法人、シャープに反訴を提起


[関連したBlog]

シャープが台湾の電機メーカー東元電気が製造している液晶テレビがシャープの特許を侵害しているとしている問題で話し合いが不調に終わり、シャープが東京地裁に訴訟を提起しましたが、これに対して東元電気の日本法人・三協がシャープに対して損害賠償を求める反訴を起こしたことを明らかにしました。
記事はこちら

仮処分をめぐる手続の中で東京地裁がシャープの特許は向こうであるという心証を示したとか、(有効でも)特許侵害の事実はないとして販売機会を失った分の損害賠償を求めています。

特許訴訟で相手方特許の無効を主張するのは常套手段ですので、その証拠付けに仮処分でのことも利用するということでしょう。
また、それが成立しなくても特許侵害はないという予備的な主張もついておりこちらも当然の組み立てです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)