借地借家法改正で事業用借家制度創設、今秋にも国会提出へ


以前、借地借家法改正へ、事業用定期借地権を10年以上期間自由に(2004/03/08)で、借地借家法を改正して事業用定期借地権が創設される方向ということをお伝えしましたが、このときの内容の借家版といってもよい事業用借家制度が誕生することになりました。
記事はこちら

日本では、借家人は大変厚く保護されていて、そのため賃貸人はほとんどずっと持ち家を貸し続けなければいけないような状況になっています。
このため立退き料が必要になったりとトラブルにつながることが結構多く、安定的な借家の供給を目的にしていたのに帰って紛争を引き起こすという不思議な状況でした。
そこで定期借家権という更新のない制度が大変な困難な経緯の後導入されたのですが、これは定期借地と異なり期間の制限がないので賃貸人にイニシアチブのある借家契約を結ぶのに使いやすいのですが(借地借家法38条)、逆に絶対更新できないため、契約期間が満了するとすべてやり直しになってしまいます。
この点が不便とされており、今回、事業用に限って更新でき、賃貸人側のほうが強い借家精度が誕生することになりました。
要するにオフィスやテナントなどが意図されています。

ところで事業用借地制度はどうなったのでしょうか。例によってアドバルーンだったのでしょうか。それともこれに発展的解消を遂げたのか。
完全に沙汰やみになってしまいましたね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)