公取委、「着うた」に排除勧告


携帯電話の着信音として楽曲の一部を使用できるサービス「着うた」を提供しているレコード会社が公正取引委員会より不公正な取引方法に該当する行為があるとして排除勧告を受けました。
記事はこちら
公取委のプレスリリースはこちら

問題となった行為は、「着うた」の提供業者としてレコード会社が設立した受け皿会社レーベルモバイルに対してのも独占的に原盤権の利用許諾を行い、他の会社に対しては許諾を行わないことで参入を妨害したというものです。

ようするに「着うた」市場で競争が制限されてしまい、正当化理由もない(プレスリリースでちゃんと「正当な理由がないのに」と書いてあることに注目です)というのが公取委の主張ですが、レコード会社各社はいっせいに反発しています。

勧告を受けたレコード会社はいっせいに反発しています。

なぜこのように対立的なのかは、着メロと着うたの違い等を考えてみるとわかる気がします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)