ポニーキャニオン、サンケイビル、フジを引受け先とした増資を検討


ライブドアからの牽制が入ったためか、ニッポン放送の傘下にある各社の株式をニッポン放送が売却するのではなく、傘下の各社が増資をしてニッポン放送の支配下から逃れるという動きが起きてきました。
サンケイビルとポニーキャニオンの動きが明らかになりました。
記事はこちら

ライブドアにとっては、直接株式を保有していない会社が自らの判断でフジに増資を引き受けてもらおうというものですのでなんとも手を出しにくいやり方ではあります。

この増資も株主比率を著しく変動させるので不公正発行のおそれがありますが、グループ会社間で持ち合っていて閉鎖会社なら既存の各株主が現在の支配割合という利益を放棄すればいいので、持ち合っているなら何とか可能でしょう。

ニッポン放送から見ると子会社が抜け出そうとしているわけで、それに対して支配権を行使しないことが親会社の取締役として善管注意義務に反するのではないかということになります。
連結決算の対象であると、子会社に抜けられてしまうことは大幅な売り上げや利益の減少を意味しますが、それが経営判断としてどうなのかという点が焦点でしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)