東京地裁、ニッポン放送の新株予約権発行差止めの仮処分


東京地裁は、ニッポン放送がフジテレビに独占的に割り当てて発行するとしていた新株予約権に対してライブドアがした仮処分申請を認め、発行を差止める仮処分を決定しました。記事はこちら

ニッポン放送は保全異議を申し立てましたので、異議審へと移行します。
仮の処分である民事保全の結果が確定するまでも今しばらくかかりますので、まだ最終的に発行が差止められたわけではありません。

理由としては、支配権維持が目的であり不公正とされています。価格は問題なく有利発行ではないとしています。

いきなり筆頭株主でもないフジテレビにとんでもない数の新株予約権を発行しようというのですからさすがにこの判断は妥当といわざるを得ないのではないでしょうか。

立会外取引の合法性の問題はありますが、証券取引法の規制の対象から抜け落ちているわけで、法の趣旨を類推するには証券取引法が公法的な法規であるために困難でしょう。
法律に禁止と書いていないことはやっていいというのが原則ですから。

さて、私も含めて一部の人はかなり注目していたであろう担保の額ですが、5億円でした。
民事保全法4条にある、乱訴を防ぐための立担保の制度ですが、ライブドアは5億円を供託すれば仮処分を執行してもらえます。
この額は、新株予約権の発行予定価格からするとちょっとお安い気がします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)