シャープ、台湾製液晶テレビをめぐり再び提訴、三協側も提訴検討で訴訟合戦へ


2004年6月にイオンがシャープ製品を扱わないと言い出すなどの余波を生んだシャープと台湾の東元電気の液晶テレビの特許侵害をめぐる問題ですが、ここにきてシャープが新たな特許侵害が判明したとして、従来からの仮処分を取下げ、改めて訴訟を提起しました。記事はこちら

手続を新しくしなおしたことについては、一件の特許をもとにした手続だけでは十分ではないと考えたためのようで、本訴に打って出ることにしたようです。

ただ、時間がかなり経っていますので、新しい侵害が見つかっただけなのではないかもしれませんね。

これに対して東元電気の日本法人・三協は仮処分の取下げは特許が無効だったということだとして、逆にこれまでの仮処分で受けた損害を請求する構えを見せています。
別に仮処分の取下げがそのような意味を有するとは必ずしもいえませんが、通らない理屈でもないですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)