主体的に時間を使うには…


運命のいたずらがせっかく立てた計画を台無しにしてしまうことはよくありますが、それよりもよくあるのは、人為で何かが割り込んできて計画を修正させられることでしょう。

働いていて思うのは、突発の事態ではないのに、締切をぎりぎりにして話が持ち込まれることが非常に多いなということです。
あんまりタイトなスケジュールでいきなりやってくるので終わらせるために超勤したり休日出勤したりと無理をして経費を増大させてしまっています。
やることがわかっているならもっと余裕を持ってやって欲しいなと思います。

あんまり余裕を持たせると後回しにされて結局遅れてしまうのを懸念してのことなのかもしれませんが、今になってから今月中と期限を切られるとさすがに見積もりや計画も作れないわけですよ。

とまあ、最近はひたすらドタバタしています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)