口は災いの元


会社では主張してナンボであるため、常にちゃんと考えていますよということを上司に示すために色々とアイデアとか問題提起をしなければいけません。
しかし、大抵、それが受け入れられた場合、「じゃあお前やってみろ」ということになります。

通常の仕事があるのに、別件を抱え込むとくればもう言語に絶する混乱に陥るのですが、その辺もうまく処理できるようになれということでしょうか。
やることになったものが完了しないと督促されるし…。

追い込まれてくると、私の悪い癖-逃避行動-が頭をもたげてきそうです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)