医療が身近に


私はあんまり丈夫な方ではないので、これまで結構、医療費を払ってきていますが、それでも中年の方々に比べれば健康だと思います。

会社の年齢構成がいびつなせいで中年の社員が多いのですが、多かれ少なかれ体に何か抱えている人が多いようです。
自覚症状を聞く限りでは相当やばいような人もいます。

以前書いたようにいきなり社員死亡もあったくらいですので、働く時分になったら健康にはくれぐれも注意が要りますね。

徹夜勤務があるせいで年に二度健康診断を受けねばならないのですが、周囲に不穏な話ばかりがあるのでなんだか不安です。

健康診断の意義がよくわかるようになった今日この頃です。
ただ、日本の健康診断はあまり意味がないという指摘もあるんですよね。
どうせやるなら体の状態が本当に把握できるものであって欲しいものです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)