原典にあたる


法学でも何でもそうだと思いますが、原典にあたるというのが勉強の基本です。
法律でいうなら条文と代表的な論文ということになります。

歴史でも後世に通史としてまとめたものを読むのと同時代に生きた人が書いたものを読むのとではえらくちがいますね。

後者は効率性では劣りますし、理解するのにかなりのバックボーンを要しますが、踏み込むと味わい深いものです。

最近、マキャベリをもう一度読んでいます。
ルネッサンスを勉強してからマキャベリを読むと、非常に深遠な世界に触れる感じがしますね。
佐々木総長の最初の研究分野は確かマキャベリだったと思いますが、やはり打ち込むにふさわしいものがあります。

今日は休みだったのですが、家で仕事をしていました。
会社の設備はへぼいので、家でやらないといけないことも結構多いのです。
ただ会社の設備ではできないことをやり始めてそれを所定にしてしまったのは私ですが…。

あんまり休養にならなかったです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)