最高裁、強制わいせつ罪の「わいせつな行為」の意義について、性的意図を不要とする旨の判例変更へ


最高裁が強制わいせつ罪の被告事件で大法廷を開き、判例変更を行う方向になっています。

強制わいせつ罪の判例変更へ 「性的意図」なく成立  :日本経済新聞 2017/10/18 11:57

金を得る目的で児童ポルノを撮影し女児にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪などに問われた男(40)の上告審弁論が18日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で開かれ、結審した。年内にも言い渡される判決では、同罪の成立には「性的な意図」が必要とした過去の判例が変更される見通し。

 最高裁は1970年の判例で、強制わいせつ罪成立の要件として「性欲を満足させる性的な意図が必要」と判断したが、今回の事件の一、二審判決は判例に反して成立を認め、弁護側が判例違反を理由に上告した。

18日の弁論で、検察側は「性犯罪に厳正に対処するためには70年の判例が妥当性を欠くものとなっている」と主張。仮に被告に性的な意図がなくても強制わいせつ罪が成立するとして、上告棄却を求めた。

 弁護側は「性的な意図がなくても成立するなら、児童に対する医療行為や育児行為が処罰対象になるような不都合が生じる」と述べ、二審判決の破棄を求めた。

 一、二審判決によると、被告は別の男から金を借りる条件として児童ポルノの送信を要求され2015年、女児の下半身を触るなどした。被告自身の性的な意図は認められなかった。児童ポルノ禁止法違反罪にも問われ、有罪となっている。

(略)

 

刑法

(強制わいせつ)

第百七十六条 十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

 

強制わいせつの条文は上記のとおりなのですが、「わいせつな行為」の要件について、判例は性的な意図といういわば主観的要件を必要としています。

もっとも、本当の意味で主観的要件がいるというわけではなく、強制わいせつの保護法益である性的自由は、本人の性的自由であって、他人の性的自由ではないため、相手のいる類の性的行為になるはずだからということから、解釈として導かれていたものです。

このため、性的な目的ではなく単なる虐待、侮辱の類は入らないという結論になるわけです。

ここから考えますと、本件でも、従来の解釈のままでも、被告に性的な意図はなくても、その後には、性的な意図があるように感じられるので、それを受けて被告が行為している以上、入りそうに考えられないでもないです。

しかし、これはとりもなおさず、客観的に本人の性的自由を侵害する行為には、行為者たる被告に性的意図がない場合もあることが明らかになったということなのでしょう。

 

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。