最高裁判断、ストックオプションは給与所得に


もらう方にインセンティブのあるボーナスの新しい形といっても良いストックオプションですが、税法上では一時所得か、それとも給与所得かというので争われており、訴訟になっていたのですが最高裁は、国税庁の立場を支持、ストックオプションによる所得を給与所得としました。記事はこちら。判決の全文はこちら

税法は専門でないし、大変難しい分野なので簡単にとどめますが、学説上は普通の給与所得とは違うという立場が有力です。
ストックオプションは退職金みたいなものとされています。
退職金は給与の後払いとされますが、ここでいうのはそれとは別で、懲罰として退職金を支給しない事も是とされ、それはご褒美としての側面があるからだとされます。ここでいうのはそれと似たようなものだということです。

結局、国税庁の論理がそのまま通ってしまったのですが、税の訴訟というとそうなる傾向があるようなのでまたかという感じでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)