ドン・キホーテ、労働基準法違反の罪で東京簡裁から罰金50万円の略式命令 同時に送検されていた執行役員らは不起訴処分


長時間労働で労働基準法違反があったとして「かとく」によって送検された案件のうち、ドン・キホーテの件が法人への略式命令で罰金50万円という決着となったことが明らかになりました。

ドン・キホーテ、違法な長時間残業で罰金命令 東京簡裁:朝日新聞デジタル 2016年11月4日11時30分

従業員に違法な長時間残業をさせたとして、ディスカウント店を運営する「ドン・キホーテ」(東京都目黒区)が労働基準法違反(長時間労働)の罪で東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。10月26日付。同社は今後、納付するという。

 同社をめぐっては、都内の「ドン・キホーテ町屋店」など5店舗で、従業員数人に労使で定めた残業の限度(3カ月120時間)を超える最長415時間の残業をさせたとして、東京労働局が今年1月に同社と執行役員ら8人を書類送検していた。

(略)

東京労働局の過重労働撲滅特別対策班(かとく)の第2号の送検案件であるドン・キホーテの件は、今年の1月に送検されていましたが、東京地検による捜査の結果、終局処分として法人のみの略式命令となって、東京簡裁から罰金50万円となりました。

支店長や店舗責任者など5名も送検されていましたが、それらの個人は不起訴処分となった模様です。

現時点においては、「かとく」による送検では、法人のみの罰金での決着が続くことになっています。

 

 

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。