富士フィルム、化粧品成分の配合技術に関する特許を侵害されたとして、DHCを提訴 仮処分の申立てをしたものの結論が出ていないために本訴に踏み切ったとされる


特許侵害をめぐる事件でやや興味深い点が含まれている事象が見受けられましたので取り上げます。

富士フイルム、DHC提訴「化粧品で特許侵害」 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2015年08月17日 20時09分

富士フイルムは17日、通信販売大手ディーエイチシー(DHC)の化粧品「DHCアスタキサンチンシリーズ」のジェルとローションが特許権を侵害しているとして、製造・販売の差し止めと損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。

(略)

 この問題で富士フイルムは昨年9月、DHCにこれらの商品の製造・販売の差し止めを求める仮処分を申し立てたが、決着していない。

興味深い点は、仮処分の申立てをしたものの決着がついておらず、今日に至り本訴提起に至ったという経緯であるとのことです。

裁判所からは、本案訴訟で審理をしないとはっきりしないために仮処分を止めるというような判断がされ、仮処分事件の当事者に提訴が促されたのではないかと想像されるところです。

裁判所から事実上の促しを受けて、手続きが発展することも現実にはままあるので同様ではないかと想像されるところですが、報道ではそこまでは言及はされていないので憶測に過ぎません。ただ、昨年9月の仮処分申し立てということを考えると、かなり時間が経過しており、難しい案件であることだけはうかがわれるところです。

 

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。