労働者派遣法改正案、施行日の延期を検討で先行きが不透明に


成立確実と思われた労働者派遣法改正案ですが、国会の審議状況から普通に審議したら8月末の成立が見込まれ、60日ルールで成立させるなら18日にみなし否決となるのですが、与党は野党の反発を避けるためこれはしない方向となっています。

そのため8月末成立ということになるのですが、すると改正法は9月1日施行を予定しており、これは10月1日に労働契約申込みみなし制度が施行されるため、この前に施行する必要があったために設定された日付でした。

しかし、すると8月末成立で9月1日施行だと、施行規則等の関係規則が間に合わないため、施行日を遅らせる必要が出てくることになりました。

すると、改正案に施行日を入れてしまっていたため、施行日を遅らすとすると、法案を修正しないといけないことになり、再度、衆議院で採決をしないといけないという事態が浮上してきました。

衆議院で再度やるとなるとまた野党に抵抗の機会を与えるということで、先行きが不透明になることが一気に出てきました。

すべては国会審議がすべて安全保障によって乱されてしまったためですが、派遣法の改正がされないとこれはこれで影響が大きいためどのような対応がされるのかが注目されます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。