欧米の機関投資家、トヨタの種類株式のような株式の発行について慎重な検討を求める声明を公表へ


トヨタ、個人株主の増加を目的として種類株式を発行へ | Japan Law Expressの関連情報です。

欧米の機関投資家が、トヨタを名指しこそしないものの、トヨタが発行する種類株式のような内容の株式について、慎重な検討を求める声明を企業や市場向けに出すことが明らかになりました。

トヨタ式新型株「慎重に」 欧米機関投資家が声明  :日本経済新聞 2015/7/5 2:01

【ニューヨーク=山下晃】欧米の大手年金基金やヘッジファンドなどの投資家らが共同で、トヨタ自動車が発行する新しいタイプの株式について「慎重に検討してほしい」と企業や市場関係者に要望する声明を公表する。元本保証で議決権のある株式を一部の株主が保有することは、株主間の不公平につながると主張。同タイプの株式発行が日本市場で広がることに懸念を示している。

(略)

声明の骨子は、要するにこの種類株式は、普通の株式と利益が相反する可能性があるという点です。

トヨタが発行する種類株式は、5年間は換金できないものの、実質的に元本保証がされているという社債のような内容である一方、議決権自体はあるため、議決権行使において普通株主と利益が相反する行動をとる可能性があるという懸念がされている模様です。

確かにこの株式は破格の内容になっているところがあり、そのため価格も高めになるという形でそれが現れつつありますが、利益相反の恐れとなると価格だけで解決できる問題ではないため指摘には一理あると思われます。

相反を防ぐためには、既存株主も種類株式を取得するなどするしかなくなりますが、株主権を維持するために出資を強いられる構造となると典型的な株主をないがしろにする会社になってしまいますので、この種類株式の設計の発展する先が気になるというのはもっともかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。