福井地裁、未成年の新入社員が自殺したのはパワハラによるものとして、会社に約7200万円の損害賠償を命じる


パワハラを認めて会社に損害賠償を命じた裁判例がでましたので取り上げます。

新入社員が、鬱病になって自殺してしまい、まだ未成年の若者だったという事案で、パワハラとして損賠賠償請求訴訟を遺族が提起したところ、パワハラと認定されて、請求が一部認容されました。

パワハラ自殺訴訟、認定根拠は手帳 上司の数々の発言書き記す 社会 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト (2014年11月29日午前7時10分)

消火器販売などの「暁産業」(福井県福井市)に勤めていた男性社員=当時(19)=が自殺したのは上司の暴言によるパワーハラスメント(パワハラ)が原因として、男性の父親が会社と当時の上司2人に対し、慰謝料など約1億1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが28日、福井地裁であった。樋口英明裁判官は「典型的なパワハラ」として、同社と直属の上司に対し約7200万円の支払いを命じた。管理職の上司に対する請求は棄却した。

(略)

樋口裁判官は判決理由で、男性がメモに残した直属の上司の暴言について「仕事上のミスに対する叱責(しっせき)の域を超え、男性の人格を否定、威迫するもの」と認定。さらに自殺した本人の過失はない、として賠償額の過失相殺をしなかった。
 会社についても、直属の上司に対する管理責任を認めた。管理職の上司については「パワハラの実態を把握するのは困難」として責任は問えないとした。
 判決文などによると、男性は2010年4月に正社員として入社。直属の上司から「死んでしまえばいい」「辞めればいい」などと言葉によるパワハラを受け、同年12月に自殺した。福井労基署は12年7月、男性は上司からのパワハラが原因で自殺したとして労災認定した。

(略)

 「学ぶ気持ちはあるのか、いつまで新人気分」「毎日同じことを言う身にもなれ」「今日使った無駄な時間を返してくれ」「いつまでも甘甘、学生気分はさっさと捨てろ」(原文まま)―。判決の「典型的なパワハラ」の根拠となったのは、自殺した男性が手帳に記した、上司の発言23カ所だった。
 この手帳には、上司の指導の一環で、注意を受けたことなどが書き記されていたという。
 判決で、数々の言葉は高卒新入社員の男性への心理的負荷は「極めて強度である」と認めた。原告代理人は「言葉を具体的に取り上げた認定は珍しい。今後、同様の発言をすればパワハラになるという指標になるのではないか」と話した。

(略)

未成年者に対するパワハラが認定されたのが初めてということが報道では目立っていますが、上記報道から行くと、この事件のポイントで未成年という点で特徴的なものがあるかは定かではありません。

すでに労災認定されていることからこれが意味を持ったであろうことは予想されますし、また、事実認定として、労働者自らがつけていたメモが重要な役割を果たしていることもうかがわれます。

未成年という点で気になるのが、上記のような事実認定された言動が、まだ社会経験の浅い未成年に対して行われるとするとパワハラになるという評価がされているかという点ですが、年齢によってハードルが変わるというような考え方をしているのかどうかは上記の報道からは定かではなく、判決全文を確認したいと思います。

裁判例情報

福井地裁平成26年11月28日判決

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。