福岡高裁、セブンイレブンのフランチャイジーが値引き制限で損害を被ったとしてセブン-イレブン・ジャパンに対して提起した損害賠償請求の控訴審で、一部のフランチャイジーに対する値引き制限行為を否定して、認容額を縮減


セブン-イレブン・ジャパンの値引き制限が独禁法上の問題となったことで、フランチャイジーであるフランチャイズオーナーからフランチャイザーであるセブン-イレブン・ジャパンに対して損害賠償請求訴訟が複数提起されたことはすでにこのブログでもお伝えしています。

このブログではすべてを取り上げられてはいないのですが、値引き制限が公取委によって排除措置命令がでたことで損害賠償の帰趨も本部にとっては難しいのではないかと思っていたのですが、いくつかの訴訟によっては値引き制限行為自体が認められないとして、請求が棄却されたりするという展開をたどっていました。

このたび、一審で、3人のフランチャイジーに対して600万円余の損害賠償命令が出ていた訴訟の控訴審で、そのうち二人に対する値引き制限行為を否定して、認容額を110万円に縮減した判決が出たことが明らかになりました。

まだ報道でしか確認できていませんが、報道での原判決の認容額からいくと、この事件は、福岡地裁平成25年 3月28日判決判時2209号10頁の控訴審であると思われます。

すると原判決では、認容額はそれぞれ220万、220万、165万なので、認容額が110万とすると、値引き制限行為が認められた分についても認容額が縮減されているものと思われます。

裁判例情報

福岡高裁平成26年11月7日判決

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。