ささやかな幸福感


この日はたくさん話をする予定が目白押しで、声がかれ気味になってしまいました。

昔にくらべて大いに喉が弱くなってしまって本当に嘆くしかないのですが、それに加えて弁護士は書面で語るところ、私は書面で語れる代表的な業務である訴訟をあまりしておらず、口頭でやり取りする点が主になってしまうため、声が出なくなることで致命的な影響をうけるのです。

そこで喉をどうやって守っていくかを色々調べており、マスクをよくしたりしているのですが、もっと本腰を入れないといけないかもしれません。

しかし、大きめの打ち合わせ2件をこなせたために、気分がすごく軽くなり、まだまだやらないといけないことはたくさんあるのにえらく開放感に浸りつつ、この日を終えました。

こういうことで気分が軽くなって、一日を終えられるならまだまだ幸せなのだと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。