目論見が思いきり外れる


この日の前日の修習委員会の合宿は、この後の予定もぎちぎちであるために、日帰りをすることにしまして、箱根湯本最終の小田急ロマンスカーはこね52号で帰ってきました。

IMG_0014

土曜の最終で帰るというのは珍しいでしょうから、車内はガラガラでしたが、それでも若い人が比較的多く、印象とはやや異なり不思議な気分になりました。

翌日に堪えないようにしようと思って、あえて日帰りをしたのですが、池袋で東武東上線に乗り込んで発車直前に人身事故が発生してしまいまして、計画に一気に暗雲が立ち込めました。

東武東上線のこれまでの事故時復旧能力から行くとすぐには運転再開はしないだろうと見切りをつけ、振替乗車票をもらってJRで川越まで帰ることにしました。

ホームに上がったところで埼京線の普通川越行がちょうど出てしまったのですが、隣のホームに湘南新宿ラインの小金井行が来たので、埼京線は普通だったので大宮で追いつけるはずと思って乗り込んで車内で検索してみたところ案の定だったので、大宮乗り換えで川越に向かいました。

時間を無駄なくすることができましたが、本当にバタバタしてしまいました。しかし、こういう非常時対応は結構得意ではないかと自負しています。

結局、帰宅したのは深夜になってしまい、早めに帰ろうという目論見は完全に崩れて疲労の極みになってしまいました。そのため、翌日であるこの日は、一日中、元気なく仕事に向かっていたというだけの一日になってしまいました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。