通勤時間に劇的な変化を


最近、始めたのですが、帰宅の方の通勤時間を劇的に減らすことができるようになりました。

それは、池袋から東武東上線のTJライナーに乗るということなのですが、それだけなら今までも日によってやっていました。

今回、やり始めたのは、事務所を出る時点でライナーをネットで予約して、ライナーの発車直前に池袋につくように地下鉄に乗るというもので、池袋での待ち時間が全くないために、非常に効率よく帰れることに気づきました。

場合によりますが、1時間半から2時間かかっていたのが1時間ちょっとにまで短縮できました。

ライナーの切符は池袋で買おうとすると、発車直前にはすでに満席になってしまっていることが多いので、池袋では時間を無駄にしていることが多かったのです。

ネットでも買うことができるのですが、東武の会員制ウェブサイトが使いにくいので、今までしていなかったのですが、なんとかやってみようということで、取り組んでみたらなんとかなりました。

しかし、このネットで購入するのは、発車の30分前まででして、一方で改札を通過するには、QRコードを携帯で表示しないといけないのですが、この表示は発車前30分以内でないといけないのです。

この微妙な設定のために、事務所から池袋までは歩く時間も含めて30分くらいかかるのですが、事務所を出る前にネットで予約して、地下鉄に乗りながら、QRコードを表示するというあわただしい移動をしています。

それでもようやく慣れてきました。

もっとも、携帯でQRコードを表示するには、なぜか携帯電話会社の回線でないといけないため、wifiを切ったりと、よくわからない作業を強いられています。何でこんな不便な仕様にしているのでしょうね。

さて、このような通勤ができるのは当然、ライナーがある時間帯だけになるわけです。22時のライナーを逃してしまうと、次は22時50分、金曜日だけは臨時で23時20分がありますが、間が空いてしまうため、急行で帰ることが多くなります。すると、いつも通りになってしまうのでした。

週の半ば以降から、ものすごく忙しくなってしまい、ライナーで帰れないことが増えてきてしまいました。

このコンボが使えるのが、週に半分あればいい方みたいです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。