中小企業経営承継円滑化法の改正をめぐり報道がされる


家業で行っているような企業を念頭にして事業承継のための特別な法律である中小企業経営承継円滑化法という法律があり、かなり大胆な内容である割に活用されていないのですが、その使い勝手をさらに向上させる法改正の報道がなされました。

中小の事業継承、円滑に 非親族にも譲りやすく法改正へ  :日本経済新聞 2014/8/15 2:00 日本経済新聞 電子版

政府は、中小・零細企業が後継者を見つけやすくなるよう後押しする。親族ではない従業員が事業を引き継ぐ例が増えているため、親族以外に対しても会社の株式を時価より安く譲れるよう法改正する。株式を譲る際にかかる贈与税の優遇対象も広げる。後継者難で廃業する中小企業を減らし、地域の雇用や技術力が失われるのを防ぐ。

(略)

この法律は要するに家業を事業承継する場合に、時価よりも低く譲渡できるようにするというものなのですが、法改正で

  • 株式の承継を時価より低くする対象の拡大
  • 時価よりも低く譲渡した場合の贈与税の優遇

を行うことが検討されている模様です。

この法律はその意欲的な内容のわりに利用が芳しくないところがあるようなのですが、その理由の一端があまりに対象が限定されすぎている点にあるということで、拡大を図るという対応が考えられている模様です。

事業承継に悩んでいる中小企業の問題はかなり広がってきているのですが、この法律で対処できるのは障害のごくごく一部にすぎません。ハードルすべてについて事業承継を容易にするように政策をパッケージ化しないとなかなか難しい面がありますが、法人税の問題、国際競争の問題など、隣接の政策分野がどこまでついてきているかは若干心もとない感じがします。

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。