自分を納得させたい


この週末も色々と悩ましかったのですが、だんだんと歳をとっていくとそうなるものなのでしょうか。

アンナカレーニナの書き出しの、「不幸な家族は皆それぞれ」というくだりをまざまざと思いだされる今日この頃です。

何でこんな突拍子もないことが次々起きるのかと思わざるを得ないことばかりで、ネガティブな方向の事情は本当に千差万別なのだなあとつくづく感じています。

肉体的よりも精神的に消耗することが多くて、心労を感じているばかりです。

かなり大ナタを振るわないとこの状況から脱出できない気がしているのですが、とにかく毎日、しのいでいるうちに同じことの繰り返しの毎日が過ぎて行っている感じです。お盆で少しばかり静かであるため、振り返ってみたら、何とかしないといけないのではないかという気が強くなりました。

しかし、外から見ていると何の問題もなさそうに見えても、誰しも何らかの人には言えない問題や悩みを抱えているのでしょう。当たり前の状況に陥っているにすぎず、その解消を図ることができるのも自分だけなのだと思うようにします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。