ふと思ったりする


私は東大弁論部の出身ということもあり、というかすでにその前からそうだったのですが、かなりの大声です。しかし、だからといって呼吸器系が丈夫というわけではないらしく、大学時代から声が全然でなくなる症状に時たま悩まされています。

前職時代も現場にいて接客をしないといけないときに、声が出なくなってしまい、休もうと思ったら、代わりがいないので来てくれと言われて、声が出ないのに応対をしないといけなくなって大変な目にあいました。

しかし、弁護士になって、さらに体調を崩してからは、呼吸器系をやってしまうことが頻発するようになってしまいました。

健康ってすべての基本なのだなあと改めて思います。

その基本が損なわれてから、踏ん張りがきかないので、のらりくらりというか、なんとか毎日しのいでいる現状ですが、生き方は色々あるのだろうにとふと思う次第です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。