インフラとしてのカード事業?


明日は出勤なのですが、休日は朝でも急行が走っているので、所要時間が短くてすみ、混んでもいないので大変助かります。
なかなか悪くないと思っています。

最近クレジットカードは実に様々なものがあるなあというのを実感しています。
ブランドはあんまりなくほとんど寡占状態ですが、発行体は実に様々ですね。
最近はポイントカードと一緒になったのとかが目立ちますが、顧客の囲い込みに有効という判断なのでしょう。

しかしアメリカでは同じような目的で始められ日本より先行していた金融会社以外発行の色々なカードが、すでに行き詰まる傾向が顕著になっており、結構重荷になるようです。

カード事業がうまくいくかどうかは景気に左右される面があるので言い切れませんが、顧客囲い込みの目的でブランドを借りてカードを発行するのはあんまり儲からないというのは事実のようです。
果たして日本の乱立気味のカードはどうなのでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)