忠告通りにいかず


今日は少しばかり仕事をしていたのですが、先輩というか上司の弁護士からは、つい最近、完全にオフにする日を置かないと大変だよとアドバイスを受けているのですが、まだまだなかなかそううまくは行きませんでした。

私のスケジュールはどんどん埋まってしまうので、直前にはぎちぎちになっているのですが、うまく調整して入れていくようにしないとそもそもお客様に迷惑がかかる事態になるとも言われました。

うまく自己管理していかないとプライベートも何もなくなってしまうということで、そうなってしまうとそもそもいい仕事もできなくなってしまうということでした。

本当にその通りだと思うのですが、私は前職の営業にいた際に何でもひとまず言われたことは受け止めて、引き取るようにする行動原理が身についてしまっていて、どんどん入ってくる一方という状況になってしまっています。

仕事の質とは別の問題でなんだか情けない状況なのですが、劇的な状況の変化は期待できないので、地道に少しずつ変えていくしかないようです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。