東京地裁、インクカートリッジのリサイクルを特許侵害ではないと判断


現代の機械製品は、技術の進歩により新たな製品が開発されその進歩性に価値があるのですが、機能が高いと売り手市場であり、当然価格は高くなります。一方でそこに新たな商機があり、リサイクルにより廉価品などが登場してきます。
プリンタはそのような製品の典型であり、本体の普及を優先するため、利益は消耗品であげる傾向があります。そのため、リサイクル品の入り込む余地があり、プリンタ業界の雄キャノンは、リサイクル品の食い込みを防ぐために色々と手を講じており、独禁法違反事件になるところだったケースも起きています。
そのような廉価なリサイクル品をめぐっての法的事象にリサイクル品を特許侵害として訴えるというものがあり、先例としてレンズ付きフイルムのリサイクルを特許侵害として判断したケースがあります。これは地裁段階の判断ですし、ケースがあまり蓄積されているとは言いがたいのですが、キャノンがインクカートリッジのリサイクル業者による再充填を特許侵害として訴えたケースの判決が東京地裁で出まして、判例がまた一つ蓄積されました。判決全文はこちら。技術が絡んでおり長く複雑なので、読むのは大変です。
結論から言うと、インクの再充填は特許となっている発明の新たな生産ではなく、生産されたものを購入した人が自分の所有物を修理している似すぎないということで特許侵害ではないとしました。
レンズ付きフイルムとの違いは、弄繰り回す程度がインクの再充填の場合は度合いが低いという一点に求められるようです。
家電量販店に使用済みインクタンクやトナーカートリッジの回収箱があるのは、環境配慮のためばかりではないわけですが、再生業者によるリサイクルを特許法でふさぐのが法的には微妙になってしまったことで、こういったごみの囲い込みで廉価品の出回りを防ぐ事の重要性は高まるでしょう。
もっともある程度のシェアを分け合うような感じに落ち着くでしょうが。
またこの判決により、リサイクル品の輸入に関しては特許権者からの関税定率法による輸入差止め請求があっても税関としては判断が難しくなるでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)