改正労働者派遣法が廃案、無期転換の特例を認める特別措置法も継続審議になることが明らかに


本年度の通常国会(第186国会)もいよいよ会期末ですが、ねじれの解消によって無風で閣法は成立するかと思われていたところ、技術的なミスで成立しないで終わる法律が結構出てしまうという不可解な幕切れになりそうです。

労働分野でも注目の法改正や立法が予定されて国会に提出されており、特に非正規雇用の問題に限ると以下のような立法・法改正が行われる予定となっていました。

  1. パートタイム労働法改正
  2. 専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法制定
  3. 労働者派遣法改正

しかし、このうち2と3については、今国会では成立しないことになりました。

所管している厚生労働省の事務的なミス等により、3の労働者派遣法改正案に誤りがあり、野党から提出し直しを求められたため、2の特別措置法にも影響してしまった模様です。

このため、村木次官をはじめとした厚生労働省幹部が懲戒を受ける事態となり、かなりの失態であったことが伺われます。

労働者派遣法改正案については廃案になり、出し直しということになる模様です。

一方、特別措置法については、継続審議となる模様です。

どちらも秋に予定される臨時国会で審議されることになると思われ、事情が事情であるため内容については変更はないものと思われますが、現時点で予定していた施行時期は来年4月等となっており、間がなくなってしまうため思考が遅れる事態は起きうるかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)