ワタミ、人手不足で運営する居酒屋の1割にあたる60店を閉鎖へ


居酒屋の運営で著名なワタミが、外部有識者による調査報告を受けて、労務管理の改善のために、店舗の閉鎖を行うことを発表しました。

「外部有識者による業務改革検討委員会」の調査報告書を踏まえた当社の対応について

所定労働時間を超える長時間労働、有休を取得できなかったり、サービス残業を求められたりしていることが調査報告で指摘されている模様で、これに対応して、店舗を閉鎖して、人材の余裕を他店に振り分けるとのことです。

有休の取得ができないというのは、代わりに入る人員がいないということですので、端的にぎりぎりを通り越して、労働力が少なすぎることになります。これらへの対応のために、人材の余裕を作ろうというのは対応方法としてはありうるところです。

しかし、赤字でもないのに店舗閉鎖をするということは極めて珍しく、その点から注目を集める事態になっている模様です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。