まだまだ専門家のニーズはある


この日は午後からこれまた比較的遠くへとご訪問をしてきました。まだお仕事になる前のご相談という段階なのですが、仕事に結び付きました。

どのような動きをしても何らかの仕事に結び付いているので、弁護士が増えて競争が激しいといわれている昨今、喜ぶべきところなのでしょうが、どこまでキャパがあるのか、不安になります。

原稿の締め切りは過ぎてしまったし、余裕があるうちに研究しておきたいと思っていたテーマもたくさんあるのに、余裕があるうちということがそもそも訪れないのですが、どうしましょうか。

しかし、別に変な営業をしているわけではなく、こういう粗粒ーしょんがありますよということをごく控えめに紹介すると、それをしたいと思ってくださっているだけなので、まだまだニーズはあるのだということを実感しています。こういう期待に応えるという点では、全力を尽くしたいと思うのですが、そのような意気込みとは裏腹に激しい頭痛に悩まされつつ、帰宅したのでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)