士業の垣根の向こう側


この日は社労士会の研修があったので,ビジネスアワーの真ん中で出かけることになってしまい,仕事が大きく分断されてしまったのですが,研修そのものは非常に勉強になったので,結果的にはよかったです。

行政書士会からも参加を得ての研修だったのですが,行政書士側の内容の方が話が分かりやすい感じがしました。

どの士業も,資格だけで食っていけるようなお気楽な仕事ではないのですが,かなり成功している行政書士のプレゼンテーション能力はかなりの水準であるように感じました。

社会保険労務士は雑誌記事などでとっておくと有利な資格のように扱われることが多く,そういうランキングでは行政書士よりも上なのですが,実際のところ,社会保険労務士もかなりそれだけでは食えない資格でして,比較的最近,社労士の求人をかけた際の惨劇でその状況を痛感しました。

今はロースクール制度のためあまりいないと思いますが,かつては司法試験でも無職でずっと受験生を続けている人がいたものですが,社労士では今でもそういう方が結構います。

そういう方は会社の中でスキルアップのために資格を取るではなく,いわゆる資格を取って人生をなんとか反転させたいという感じがひしひし伝わってくるのですが,社労士の求人は実のところ,大変厳しい状況になっており,自分で開業しないととても人生の反転など望めないのですが,実務経験もなくお客様もいない状況で一国一城の主などあるわけがないので,実のところ,袋小路のような気がします。

比較すると,弁護士の世界では,弁護士会が色々と手を尽くしていることがすごくよくわかります。逆に言うと,人数が増えすぎだといって大騒ぎをしていても,他の業界からは当たり前のことじゃないかと思われるだけなのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)