何のために行ったのか


今日から年末年始のお休みが始まりました。

特段何をしたわけでもなく普通の土日と同じようなものでした。

さて,安倍総理の靖国神社の参拝ですが,どうしても総理の地位にある自分が参拝したいという自分がしたいということであるように報道からは感じました。第一次内閣の時に参拝できなかったことを悔いていたという報道にあった下りからそう思ったのです。

仮に本当だとすると,スタンドプレイではなく,総理の地位である時にそれを利用して自分がしたいことをするという類の話で感心しないものがあります。小泉総理も総理の時に参拝していましたが,今から比較して考えると,これはスタンドプレイとして計算してやっている気があったように思えますが,安倍総理の場合には,報道のされ方では自分がしたいからしているという感じです。

保守派への配慮というスタンドプレイも考えらえないでもないですが,アメリカの茶会党ではあるまいし,今の日本で靖国神社に参拝することに共感を持つ勢力がどれほどいるでしょうか。

それらを考えると,自分のしたいことをしているというところを抜け出ていないような気がします。

国民に受けることをする一方で,それによって受けた支持を隠れ蓑にして自分のしたいことをするという政治のやり方は,民主党政権がするのではないかと思っていました。

自民党政権ではできなかった色々とこうすればいいのにといわれていたことを実現する一方で,左翼的にどうしても実現したいことを抱き合わせでやっていくというようなやり方をするのではないかと思っていたのです。

しかし,あまりの実行力のなさで,自分たちがどうしてもしたいことすら実現できないというお粗末さで自壊してしまいました。ようやくそのような恐れから解放されたかと思ったら,自分のしたいことをするという政治の亡霊がまた出てきた気がします。

やらなきゃいけないことをするのが政治であり,やりたいことをするのでは政治ではないと思うのです。この参拝の件は,外交関係云々などは置いておいて,本当の政治をする気があるのかという点で,とても大きな分水嶺であるように思えます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)