自己否定になっているのに


この日は午後は予定が比較的少なかったので,じっくり仕事をできるはずが,色々と調べ物が出てきてしまい,結局帰るのは遅くなってしまいました。

タイでのデモのことがさすがに日本でも報道に乗るようになってきましたが,いかに深刻な国民の二分を招いてしまっているからといって,民主的な正当性がないものへの権力の移譲を要求するというのはいくらなんでも無茶だと思われます。

選挙で勝てないから,国会ではない暫定統治期間を作るというのでは,軍事政権とかわらないとしかいいようがないでしょう。

多数決で決めようとしても最適解に結び付くわけではないという民主主義の限界は重々承知していますが,民主主義社会では政治的権威は選挙に勝ったものにだけ衆目一致で認められるのですから,そのような民主的決定とは無縁の期間を作っても正当性や権威が伴わないことになり,それを補うためには軍とかに頼ることになったり,王様に頼ることになったりするわけです。

そのようなことをしても紆余曲折にしかならないでしょうし,健全な社会の実現にはむしろマイナスでしょうから,やはり反タクシン派は民主的手段で何とかできる方法はないかと考えるべきだったのでしょう。自分たちが選挙で勝てるように考えるという発想が出てこないのでしょうか。もし,それがあり得ないからあきらめたのだとしら,ものすごい複雑な社会的背景があるのでしょう。アパルトヘイト後の南アフリカでは,白人政権が誕生しえないとかそういうくらいのということになりますが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)