反応が早すぎるとどうなのか


最近,LINEがすっかりコミュニケーションツールになっているそうで,私もやってみているのですが,どうやって友達になればいいのかわからず,困っています。

直にあった時に連絡してやっていることを伝えているのですが,そろなどなんだか変な気がするのですが,これでいいのでしょうか。

ちょっと使ってみて感じたのですが,これってチャット状態になってしまった時,やり取りを打ち切るのがなかなか心情的に難しくなりそうですね。facebookのメッセージ機能でも同じことが言えるのですが,どうやって切り上げるかは難しい問題になりそうです。

しかし,このように瞬時に応答が返ってくる仕組みがものすごくたくさんある中で人と接していくというのはなかなか大変なことで精神的な成長にいろいろと影響しそうな気がします。果たして大丈夫なのでしょうか。

明日からも,色々な予定が入っており,心理的になかなか大変な時間が続きそうです。そんなことをやっているうちに年内は終わってしまうのでしょうね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)