政府,有期雇用の無期転換権の発生を5年から10年へと変更する法改正を検討と報道される


雇用分野の規制緩和は,解雇規制の緩和があまり踏み込まない内容になったかと思いきや,有期雇用の分野で大転換が行われる方向になってきました。

以前から検討はされていたものの成立そのものが前政権時代であったために,民主党の雇用分野の規制強化の一つの目玉になってしまった有期雇用の無期転換制度ですが,無期転換の実例が出ないうちに,無期転換するのは「5年を超えてから」から「10年を超えてから」に法改正がされる方向になった模様です。

しかも特区に限るのではなく,全国一律が望ましいということで,法改正をするとのことで,労働契約法を改正することになる模様です。

いきなり浮上してきた話題で本当にそのまま進むのかわかりませんが,派遣法が民主党政権自体の改正と180度違う方向の改正をしようとしていることもあり,本気で法改正に向かうかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。