ドイツでも総選挙の結果,最低賃金制度が導入される機運が高まる


日本では最低賃金法によって最低賃金が決まっています。

大雑把にいうと時給換算した場合の最低額に法律上の制限があり,契約自由の原則が一部修正されているわけです。

この最低賃金は都道府県ごとに決められます。

日本では,政治的な理由から民主党政権と政権交代後の自民党政権でも最低賃金が急上昇するということになり,この10月から各都道府県で順次,引き上げられます。

例を挙げると,東京では850円から869円へと引き上げられます。

850円というと大手外食チェーンなどのアルバイトの時給よりも若干低いくらいということになります。最低賃金ギリギリの賃金は早々はないため最低賃金上げによる賃金そのものの上昇効果は実は比較的苦しい業界にばかり押し寄せるという変な構造になっています。

このような最低賃金制度とよく似た最低賃金制度をドイツでも導入する方向になってきました。これも政治的な理由によるもので,総選挙の結果,大連立の条件として浮上してきたものです。

検討されているのは,8.5ユーロとのことで,1130円ほどということで,かなり高めの最低賃金ということになりそうです。

ドイツはもとから労働法制が非常に硬直的であり,そのせいで雇用を抑制している気があったことから,非正規雇用の拡大などを近年進めてきたところでした。今回はそのような緩和から逆の方向に動くことになる模様です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。