最高裁,非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1としている民法の規定の合憲性が問題となっている事案で9月4日の決定を出すことが判明


判例変更がされるのか注目が集まっている非嫡出子の法定相続分を嫡出子の2分の1としている民法の規定の合憲性をめぐる問題ですが,最高裁は9月4日に決定を出すことが明らかになりました。

特別抗告審であるため決定ということになります。

以前合憲と判断したことがあるのは有名な判例知識ですが,今回判例変更がされるのかが注目されています。

合憲判断をした判例の理由の一つには,民法の規定は所詮,デフォルトルールに過ぎないという点に注目しているところがありました。しかし,いざ,実務についてみると遺言が作られていることは全体からみると極めて少ないのが現実です。

大半は任意で遺産分割をしてそれで落ち着いているわけですが,非嫡出子がいる場合などもめるに決まっている場合には任意の遺産分割など早々できるわけではないため,法定相続分がスタートになることはむしろ多いと思われます。したがって,紛争になる相続に限ると判例が指摘したことの妥当性は怪しかったといえる点がありました。

果たしてどのような判断がされるのか,全国的に注目されることになりそうです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。