武蔵野市,リバースモーゲージの回収不能で制度の変更を検討


リバースモーゲージは,また最近浮上してきたかのような印象を持っていたのですが,その現実は厳しい模様で,元祖リバースモーゲージの武蔵野市では,回収ができなくなる事態が発生しているとのことで,同市では,条件の厳格化や廃止を含めて制度の変更を検討していることが明らかになりました。

リバースモーゲージは,不動産だけ持っている高齢者が生活資金の貸し付けを受けて,死後,返済をその不動産を持って行うというもので,キャッシュフローがないもののローンの終わったマイホームがあったりする高齢者の生活を支えるのにマッチする制度です。

しかし,予想外のことが,二点起きうるために,回収不能が発生している模様です。

一点目は,老後の生活資金が予想以上にかかってしまい,担保価値を上回ってしまうことが起きうること,二点目は担保価値が目減りしてしまうことがありうることです。

このような事情から,武蔵野市では,2件2500万円が回収できない事態が発生してしまったとのことです。

報道では,リバースモーゲージの担い手も増えたことだし,廃止してもいいのではという論調なのですが,やることそのものは同じなので,貸付金額の設定と担保価値の適正な評価で何とか対応可能な問題ではないかと思うのですが,どうなのでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。