職業柄のきつさ


この日は,非常に精神的にきつい仕事がありまして,まあ初めてではないので,段取りメモというかシナリオを作って臨みました。

順当な流れになりましたが,何度やっても嫌なものでした。

というか,ふと振り返ると,弁護士の仕事って,もめごとになった場合を生業としているので,あらゆる仕事がストレスを生じさせるようなものに終始しているような気がしますが。

最近,就職難や収入減などを嫌気して,弁護士になりたがる人が減ってきていますが,そもそもこの職業は,人を選ぶところが他の職業よりもさらに強い気がするので,いい仕事だということでみんなの憧れというのもそもそもなかなか難しかったのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)