偶然ではないはず


この日は気の重くなるようなことがある中,お客様がご来所される予定もあり,気持ちを盛り上げて臨むのがなかなかきつかったです。

ここのところ,世界中で鉄道事故が相次いでいるようですが,あまりに忙しくてしっかりと報道に接することができていないため,深く考えられていません。

そのような浅い認識の中でも,JR北海道は相当やばい状況のような気がしております。

事故を起こしておらず問題なく稼働しているのは,785系,キハ281系,キハ261系,高速化改造をしていないキハ183系ということになりましょうか。

事故を起こした車両は,つい最近導入したというわけではないため,欠陥などという話ではなく,JR北海道が使っていく中で起きた問題ということになります。すると相当根が深いという感じがしてくるわけです。

ベテランの退職で技術が継承されないとか懸念がいろいろな形で原来から言われており,そのような事態にはならないように色々と各社は努力をしてきて食い止めているのが現状だと思うのですが,このようにぼろぼろといろいろ起きてきてしまうと,組織がしっかりとしていなかったということになってしまいそうです。

それとも厳しい自然環境を相手にしている北海道では,やはりハードルが高いのでしょうか。

報道では最終報告までは関心が持続しないと思いますので,そのうちにひっそりとまとまる結論を見てみたいと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)