西武の元経営者であった堤義明氏が,西武HDとサーベラスの対立問題について,経営陣を支持する意向であることが判明


西武HDとサーベラスの対立の続報です。

西武の元経営者であり,個人保有分とコクドの親会社であるNWコーポレーションを通じて現在も大株主である堤義明氏が,現在の経営陣を支持する意向であることが判明しました。

堤氏はNWコーポレーションの過半数を握る支配株主というわけではない模様ですが,堤氏の意向のままの議決権行使となる模様です。

堤氏の個人保有分は1%未満の模様ですが,NWコーポレーションは,15%弱の第2位株主であることから,サーベラスの株主提案の成立は難しくなった模様です。

しかし,もとをただすとサーベラスが入ってきたのは,堤氏等のもともとの支配株主の持ち分を薄めるために第三者割当をしたからであり,そことの対立にいたってもとの支配株主が助太刀に来るというのは何とも皮肉な事態としか言いようがないように思われます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。