サーベラスの西武ホールディングスに対する公開買付が終了 サーベラスの保有比率は3分の1超に


対立が先鋭化する一方のサーベラスと西武HDの件ですが,サーベラスによる公開買い付けが終了しまして,サーベラスの保有比率は35.48%と,特別決議を阻止できる3分の1超は確保したことが明らかになりました。

サーベラスは44%を買付の上限としていましたが,それには及ばず,むしろ公開買付に応じたのは3%程度にとどまりました。

報道で路線廃止を求めたことなどが強調されましたので,アメリカの株主資本主義に反感が醸成されて応じる株主が少なくとどまったと見えないでもないですが,買付価格が買付価格ですし,そもそも現在は非上場なのですから,将来の上場を待った方が得策と考え方の方が多かったのかもしれません。

しかし軋轢状態はこれで終わりではなく,役員選任議案をめぐる委任状勧誘が始まることになりましょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。