日本航空,外国人株主に配当を可能とする定款変更を発表


JAPAN LAW EXPRESS: 日本航空,外国人株主比率が外資規制を上回ったものの,剰余金配当は可能になるように定款変更への続報です。

国土交通省と協議がまとまっていたことから,定款変更はすでに既定路線であったわけですが,定時株主総会前に正式に報道されました。

日航、全外国人株主に配当 定款変更で14年3月期から :業績ニュース :企業 :マーケット :日本経済新聞

日本航空(JAL)は21日、2014年3月期決算からすべての外国人株主に配当できるように定款を変えると発表した。6月19日開催の株主総会に提案する。これまでは航空法に基づく定款により、外国人の議決権比率が全体の3分の1以上になる場合、外国人株主は超過分の配当を受けられない可能性があった。

航空法の規定では外国人株主は日本の航空会社の議決権の3分の1以上を持てない。同社はこれに基づき超過部分については配当を実施する際の基準となる株主名簿への記載を拒否している。今回の変更により、名簿に記載のない株主にも配当できるようになる。議決権は引き続き制限を受ける。13年3月末の外国人株主の持ち株比率は約4割とみられる。

(略)

会社は自らのリスクで株主名簿に記載されていない者を株主と扱うことができますので,議決権行使ではなく配当の場面において株主として扱うということが法的に許されないというわけではないということになりましょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。