政府が大都市圏への設置を検討している国家戦略特区においては,有期雇用の無期転換制度の適用をしないことを検討


成長戦略の中で限定正社員を取り上げたりして,労働法の規制緩和を検討しているように見えますが,限定正社員は勤務地限定,職種限定などをすることで現在の労働契約法の下でもできるようなもので特段目新しいものではないことがすでにこのブログでも言及しましたが,ここにきて,こちらは新規性のある検討がされていることが明らかになりました。

成長戦略の目玉として検討している国家戦略特区において,有期雇用の無期転換制度の適用除外を認めることを検討していくことが明らかになりました。

この国家戦略特区は,大都市圏への設置を検討しているとのことであり,設置の場所及び数によっては,新しく導入された規制が適用除外となる場合が出るというダブルスタンダードが起きそうです。

実現するとしたら,おそらくは就業場所が特区内であるかということで分けることになるのでしょうが,国際私法の問題のような検討が必要になるようなイメージでなんだか変な感じを受けます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。